MetaMaskとは

NFTマーケットプレイスでNFT作品を販売したり、購入したりするために必要となってくるのが、MetaMaskアカウントです。

MetaMaskとは仮想通貨を保管しておくためのwalletの一つであるweb walletの最大手のサービスです。

NFTを取引する際に他のwalletを使われる方もいらっしゃいますが、一般的にはMetaMaskを使う方が多いようです。

ここではMetaMaskアカウントの作り方を紹介していきましょう。

MetaMaskアカウントを作ろう

まずはお使いのブラウザにMetaMaskを追加するところからです。

ブラウザはGoogleChromeなどChromeベースのブラウザを使用しますので、他のブラウザを使用している方はGoogleChromeないし、chromeウェブストアで拡張機能を追加できるブラウザをインストールしていください。

ちなみに筆者はVivaldiというブラウザを使用してMetaMaskを利用しています。

ブラウザを用意できたら、ブラウザを立ち上げ、chrome ウェブストアで「MetaMask」と検索し、お使いのブラウザに拡張機能として追加します。

するとブラウザ右上にキツネのマークが現れるのでそちらをクリック。

次に「はじめる」というボタンが出るのでそちらを押します。

「ウォレットのインポート」と「ウォレットの作成」という2つの選択肢が現れるので、初めてアカウントを作成される方は「ウォレットの作成」を選択してください。

次に品質向上のお願い画面に移るので、同意します。

次の画面ではパスワード作成画面になるので、あなたの選んだ任意のパスワードを入力してください。

次にシードフレーズのバックアップというページに移ります。

ここで表示されるシードフレーズはパソコンを買い替えたりして、新しい環境でMetaMaskにアクセスする際に必要になるので、コピーしメモに貼り付けるなどして絶対に忘れないようにしてください。

最後の画面で、先ほど表示されたシードフレーズを一つ一つ、順番に入力することで、あなたのMetaMaskアカウントが作成されます。

MetaMaskではデフォルトでイーサリアムのwalletが追加されていますが、その他多くのイーサリアム系仮想通貨に対応していますので、MATICなどNFTマーケットプレイスで利用される仮想通貨のwalletを追加して、使いやすいようにカスタマイズしていってください。

仮想通貨を保管するwalletとしても優れています

一度MetaMaskのアカウントを作成すれば、お持ちのパソコンのブラウザをはじめとして、iPhoneのアプリなどで同じアカウントを共有できます。

NFTをコレクションしたり、販売したりしない方も仮想通貨を保管するwalletとして優れていますので、仮想通貨を持っている方はMetaMaskアカウントを作成しておいて損はないでしょう。

関連記事: NFTの売り方 OpenSeaでより売れるようにするには

  • 「仮想通貨はじめて」の人にもわかりやすい
  • 画像多めで簡単に解説


初心者
向け

NFTのはじめ方
買い方を詳しく解説

リンク先:https://nftimes.jp/2022/07/nft-howtobuy/