「最近NFTって言葉をよく聞くんだけど・・・。NFTで稼いでいる人もいるらしいけど、自分にもできるのかな?」

そういった疑問にお答えします。

“NFTで副業はできるのか?”

結論、

「できるといえばできる」

「でもカンタンではない。というかめちゃくちゃ難しい」

少し掘り下げていきましょう。

NFTで稼ぐ方法は大きく2種類

NFTで稼ぐ方法は2種類あります。

1つはNFTを投資対象と考えて値上がりを狙う方法。

もう1つは自分でNFTコレクション運営をして販売する方法です。

順に見ていきましょう。

NFT投資で稼ぐ

NFTは金融商品と考えることも出来ます。

NFTが取引されているマーケットプレイスで最も大きなものがOpenSeaです。

OpenSeaでは主にETH(イーサリアム)という仮想通貨でNFTが取引されています。

例えば、あなたがあるNFTを1ETHで購入し、その後2ETHで売却することができれば、差額の1ETHの儲けを得ることができます。

株と同じような感覚ですね。

※ちなみに2021年12月現在、1ETH=47万円くらいですから、1ETHのNFTはほとんどの人にとって簡単に手が出せるものではないと思います。

このようにNFTは売買をすることで利益を得ることができます。

ですが、この方法で稼ぐのは「不可能とは言わないけど現実的には難しい」というのが正直なところ。

理由を3つあげますね。

理由1. 日本のマーケットが未成熟

NFTの買い手も売り手もまだまだ多くないのが日本の市場。

仮にあなたがNFTを売りたいと思っても、そのNFTをほしいという買い手が見つからないことも多く、その場合あなたはそのNFTを売ることができません。

株などに比べて「流動性が低い(買いたい時に買う、売りたい時に売ることが難しい状態)」

ので、正直稼ぎにくいでしょう。

理由2. 高いITリテラシーが求められる

NFTの売買には仮想通貨のETHが必要です。

このETHを自分で用意し、OpenSeaなどのマーケットでNFTを買う準備をするだけでも、かなり高いITリテラシーが必要です。

そもそも多くの人にとって「NFTは買うことすらハードルが高い」という現状があります。

理由3. 価格の上下がかなり読みにくい

現在、売買の対象となっているNFTの多くはデジタルのイラストがほとんどです。

株などの他の金融商品に比べて「アート性」というあいまいな要素によって価格が決まる部分があります。

ですので価格の上下が非常に読みにくく、うまく値上がりを狙うのはとても困難です。

NFTを自分で作って稼ぐ

「ただのドット絵が数百万円で取引された!」というニュースを最近耳にしますよね。

「じゃあ自分も適当な絵を描いて売り出せば売れるのでは?」と考える人もいるかも知れません。

ですがこれは大きな間違いです。

あなたがNFTを作って売るというのは「NFTコレクションを作る」ということになります。

そしてNFTコレクションを作るということは、

・自分の店舗を構えて

・自社製品(NFTコレクション)を店頭に並べて

・そこにお客さんを呼び込んで買ってもらう

という「商売」をすることに他なりません。

れっきとしたビジネスなんですよね。

ちょっとイラストを描いて出せば売れるというものではないわけです。

SNS・Webを活用したマーケティングができなければ目に止めてもらうことすらできません。

1つの事業としてフルコミットするくらいの覚悟は必要です。

NFTで稼ぐのは簡単ではない

ここまで見てきたように、副業としてNFTで稼ぐこと自体は特に資格が必要ということもないので誰でもチャレンジすることはできます。

ですが、NFTに投資をするにせよ自分でコレクションを運営するにせよ、並大抵のことではできません。

もしNFTで本気で稼ぎたいという方は、「全力でやらないと稼げない」ということは理解した上でチャレンジすることをオススメします。

参考:NFTアートを売るための3つのPR方法 twitterのハッシュタグ参考:NFTアートを売るための3つのPR方法 twitterのハッシュタグを宣伝に活用

  • 「仮想通貨はじめて」の人にもわかりやすい
  • 画像多めで簡単に解説


初心者
向け

NFTのはじめ方
買い方を詳しく解説

リンク先:https://nftimes.jp/2022/07/nft-howtobuy/