OpenSeaで売ってみよう

NFT作品はOpenSea(https://opensea.io)やRarible(https://rarible.com)などのNFTマーケットプレイスで販売するのが一般的です。

その中でも今回はOpenSeaで作品を無料で出品する方法を説明しようと思います。

まずはOpenSeaの公式サイトにアクセスし、右上の人型アイコンをクリック。

すると、どのwalletにアクセスするページが出ますので、ご自身の持っているwalletと接続してください。

一般的にはMetaMaskが多いです。

関連記事:MetaMaskアカウントの作り方

接続できるwalletを持っていない方は事前にMetaMaskなどでアカウントを作成しておきましょう。

これでOpenSeaのアカウントが作成されます。

次に再度OpenSeaのトップページから人型アイコンにカーソルを合わせ、My Collectionsをクリック。

次のページでCreate a collectionを押すと、collection作成ページに移ります。

ここで言うCollectionとは作品自体のことではなく、作品を展示するための商品棚のようなものだと思ってください。

ここでCollection用の画像やカテゴリーを選んでいき、最後にCreateを押すとCollectionが作成されます。

ここでのポイントはBlockchainの項目でPolygonを選択することです。

ここでEthereumを選択すると作品の出品手数料を支払わなければなりませんので注意してください。

Collectionが作成されたら、My Collectionから先ほど作成したCollectionを選択し、右上にあるAdd itemを押します。

ここで事前に製作した画像データや音楽データをアップロードしたり、名前や説明、などを一つ一つ選択していきます。

最後にCreateをクリックし、作品の投稿段階が終了になります。

画像元:https://opensea.io/

最後に販売です。

自身のCollection内の先ほど追加した作品を選択してください。

すると作品画面のページに映るので、右上のSellをクリック。

Priceで販売価格を選択し、Durationで販売期間を設定、最後にComplete listingをクリックすることで、OpenSeaでの作品の販売が完了します。

あとは世界の誰かがあなたの作品を買ってくれることを待ちましょう。

より売れるようにするには

ここでいくつか自分のNFT作品をより売れるようにするためのコツをいくつか紹介しようと思います。

まずは、「英語での作成」です。OpenSeaをはじめ、NFT市場の中心は欧米です。

当たり前ではありますが、よっぽど有名なアーティストでもない限り、英語で作品紹介や名前などを記入しないと、作品が売れる可能性が低くなります。

ですので、名前や説明文、設定などは必ず英語で書きましょう。

次はSNSの活用です。

やはり今の時代自分の作品を広めるためにはTwitterなどのSNSは必須になります。

こちらも英語を中心にアカウントを作成し、NFT関連のアーティストなどのアカウントをどんどんフォローしたり、作品についてツイートすることで、あなたの作品が世界の人の目に届く機会を増やしてください。