スニーカーなどの物理的なものだけではなく、デジタルアートや有名アーティストの幼少期の音声データなど、コレクションとして価値があるものは、かなり高価で取引されます。

特にデジタルコレクションを取引をするには、NFTを利用することが一番です。

その理由とメリットについて解説していきましょう。

企業の利益独占が防げる

まずはじめに挙げられるのは、プラットフォームである企業を挟まないということです。

身近なものでは、メルカリやAmazonなどのECサイトが挙げられます。

これらのECサイトは魅力的なプラットフォームで、人気があると思われがちですが、実際にはそこに集まる商品が重要です。

消費者の需要を満たす魅力ある商品があることで、人気と注目が集まり利用されます。

もちろん企業ですので、利用するにあたっては中間での手数料や、人が集まることによって広告料で利益を得ます。

NFTの場合には、これらの中間のプラットフォームではなく、個人同士が直接繋がれるプログラムができます。

自動化のもと仕組み化されたプログラムで、中間に入るものはいません。

消費者と販売者をプログラムがつなぎます。

個人への還元が最大化される

消費者と販売者が、直接つながることで、利益が最大化されるだけではなく、中間搾取がなくなり、両者にとってより良い取引ができます。

現状では、ECサイトユーザーが使いやすいインターフェースが、武器でもあるため、NFTを日常に落とし込むには、少々時間がかかることも予想されます。

しかし、コロナが追い風となりデジタル資産は、2020年時点で推定1兆5000億円以上とされており、2021年頃には2兆円に達するという概算もあります。

それほど増加傾向でもあり、現金や株式などの投資目的から、デジタル資産としての価値がさらに注目されています。

今後、デジタル上で扱えるものは、ECサイトのプラットフォームから、NFT上へと場所を移行していくことも考えられ、企業から個人へと利益が還元されていく仕組みも増えていくでしょう。

ただの保有資産からマネーマシンへ

NFTでは、保有するだけではなく販売益として利益を得たり、さらに販売したコレクションが取引されるたびに、自分に利益が発生する仕組みがあります。

これらを利用することで、今まででは保有時には得られなかった利益や配当を、受け取ることができ、アートなどを販売するまでお金が入らないのではなく、保有したまま利益を得られます。

例えば、少額の資産で購入したアートが、利益を生み出してくれるわけです。

株式では配当利益があるように、アートから利益を得られるという、いわば、マネーマシンを作ることができます。

コレクションの価値によっては、投資額を回収できるような利益も得られるでしょう。

おわりに

数量限定で発行されるのものや、少額で手に入るデジタル資産があれば、積極的に購入してみるのも、今後はいいかも知れません。

もちろんすでに価値があるものを保有できれば、理想です。

今後は投資した資産が、そのまま価値を生みながら、更なる投資のための資本を得られる様になるでしょう。

NFTを今後も活用しつつ、あなただけのマネーマシンへと変化させていくことで、資産がさらに最大化していくことになります。

  • 「仮想通貨はじめて」の人にもわかりやすい
  • 画像多めで簡単に解説


初心者
向け

NFTのはじめ方
買い方を詳しく解説

リンク先:https://nftimes.jp/2022/07/nft-howtobuy/