NFTを通じた会員制度ができることをご存知ですか?

プロジェクトを共有して、多くの人とのコミュニティを形成することができます。

個人から企業まで幅広く利用が可能で、理念や思想の伝達もデジタルな形として、保有することができます

これからの時代に沿ったNFTのあり方について解説していきます。

プロセスエコノミーに沿った会員に

現代では、アウトプットされたものよりも、プロセスから共有してファンをセカンドクリエイターとして、一緒に作り上げるプロセスエコノミーに移行しています。

NFTで会員制のプロジェクトを採用する場合には、会員と事業者とのつながりがより深まり、これからの時代にあったビジネスが展開できます。

また、これまででは会員となった場合には、アカウントやデータの管理が改ざんされたり損失するリスクが、サーバー側にありました。

NFTではブロックチェーン上に記された情報は、書き換えられることなく、また改ざんされる余地がありません。

そのため、プロジェクトに参加しているメンバーとの共有が円滑になり、会員制度を管理する必要がなくなります。

事業者はさらに集中してメンバーとのプロジェクトに集中することができます。

譲渡がスムーズになり、安全なコミュニティ形成につながる

これまでの会員制度の場合には、他人への譲渡が難しいという問題がありました。

例えば、コミュニティやプロジェクトに参加する場合には、個人情報を紐付けして、アカウントやデータを作成します。

これは企業やインフルエンサーが、顧客リストなどを作成する場合に、よく利用されさらにリーチをかける情報として活用がされる事例が多くあります。

NFTでは、権利という情報のみにコミットできるので、他人への譲渡がスムーズにできます。

既存のシステムであれば、物理的な会員証のようなものが無ければ、他人への譲渡は難しいのが現状です。

また、NFT上では複製ができないので、物理的な偽造IDのようなものも作成出来ません。

映画のような、偽造のハッキングや会社に潜入するようなことは、まず起きないと考えていいでしょう。

セキュリティー面でも、利便性から考えても、プロジェクトで会員制度を作る場合には、NFTを活用することが望ましいといえます。

おわりに

プロセスエコノミーを代表するように、これからは企業からのトップダウンのコミュニティではなく、個人、個人がつながり大きな波を形成するようなプロジェクトが起きることが考えられます。

それは、既存のインフルエンサーだけではなく、地元の地域や小さいコミュニティの個人の力でも可能です。

会員を募りメンバーと一緒に、コミュニティ形成をしていろいろな問題点を、変革していく。

そのつながりを作るのはNFTではないでしょうか。

  • 「仮想通貨はじめて」の人にもわかりやすい
  • 画像多めで簡単に解説


初心者
向け

NFTのはじめ方
買い方を詳しく解説

リンク先:https://nftimes.jp/2022/07/nft-howtobuy/