・NFTアートをうまく売りたいけどどのようにすれば売れるのかよくわからない…

・NFTアートを購入する人がなぜ購入するのか?という心理を知りたい!

という方にこちらの記事はおすすめです。

関連記事:NFTアートの値段設定はどのくらいがベスト? 私の「売れた&売れなかった」体験談と市場動向から結論提示

NFTアートを買う心理を知るメリット

まず、NFTアートの購入者の心理を知るメリットは以下のような点が挙げられます。

・購買意欲を増加させるようなプロモーションが可能になる

・購入したくなる作品の傾向を理解できる

このように、相手の心理を理解することで、自分自身の作品に購入したくなる要素を取り入れられるようになります。

そうすることで、自分のアートをより販売できるコンテンツに変化させられるようになります。

関連記事:NFTでフリーハンド作品を売りたい方必見 私も愛用の作画ソフト「Tayasui Sketches」が無料&簡単で最高

NFTアートを買う心理

それでは、早速NFTアートを購入する側の心理について見ていきましょう。

マーケティングなどでも応用される人間心理の一つに、「一貫性の法則」というものがあります。

人間は、自分の行動や発言、信念に対して「一貫したい」(守り通したい、貫きたい)という心理を抱く傾向があります。

そのため、購入すると決めたらどんなに高いものでも購入したいと思うのです。

また、収集癖があるタイプの人間は一貫性の法則により、コンプリートしたいという気持ちを貫こうとします

そのため、大切なことは上記の一貫性の心理を生み出すようなPRをすることになります。

関連記事:【twitter】「NFT買います」「NFT宣伝枠」で好印象を持たれ、購入につながる5つのテクニック

一貫性の法則を生み出し、NFT販売につなげる

1. クオリティの高い、独自性のある作品を作る

最も分かりやすい方法がこちらになります。

唯一性がある、購買意欲を刺激される作品は迷わず購入したくなります。

そのため、作品の質を向上させていくことは大切なことになります。

2. 知名度を高める

人間は、自慢できるものにお金を出す傾向のある生き物です。

そのため、一貫性の法則を生み出すためには、自分自身の作品の宣伝を行い、知名度を少しずつでも上げていく必要があります。

3. まずは手の取りやすいもので始める

無名のアーティストに対して、破格の金額をはたくということは多くはないでしょう。

そのため、まずは低い金額(1000円など)から始めていくことも大切です。

購入のしきいを下げることで、購買意欲を向上させられます。

また、先日の記事でもご紹介しましたが#NFTGivewayのような、無料のものを提供していくなども有効な手段になります。

関連記事:【日本のNFT市場】最近の流行と傾向 私が日常的にNFTアーティストとしてTwitterを使っていてわかったこと

まとめ

・人間には「一貫性の心理」と呼ばれる心理が存在しており、収集癖はこれに基づいているケースが多い

・一貫性の心理を沸かせるためにはコンテンツの独自性や、手に取りやすさなど、工夫を取り入れていくことが大切

作品がより売れるように、様々な工夫を取り入れるよう心掛けてみましょう。

参考:NFTアートを売るための3つのPR方法 twitterのハッシュタグを宣伝に活用