・NFTアートを宣伝するためにTwitterを作ったけれど、フォロワーがなかなか増えない…

・フォロワーを増やすコツってあるの?

という方にこちらの記事はおすすめです。

フォロワーを増やすためにおすすめの方法 

結論から申しますと、2次創作作品を作って販売するという方法です。

メリットとして、以下のようなものがあります。

・2次創作作品を作成者側が拡散、購入してくれるチャンスがある

・元作品の知名度にあやかれる、ファンの目に入ることでアカウントの知名度を上げられる

自分自身で作り上げた作品を宣伝し、人気を上げていくことは非常に大切です。

しかし、現在の世界レベルのNFT市場で上記の方法でのし上がっていくことは、残念ながら非常に厳しいとも言えます。

ただし、基本的に2次創作作品の販売は法律の面でNGとされています。

そこで、法律的にも問題ない「CryptoNinjya2次創作」がおすすめです。

CryptoNinjya 2次創作について

画像元: Twitter:@iHayato

CryptoNinjyaとは、日本のNFT業界のインフルエンサーであるイケハヤ氏の作成するNFTアートになります。

関連記事:イケハヤさんってどんな人? 3000万のCryptoPunksを買い、CryptoNinjya NFTで新しい関係性を探求

こちらの作品は、イケハヤ氏直々に「非公式の2次創作を大歓迎する」という発言がされております。

イケハヤ氏自身も、2次創作こそが日本のNFT市場をより盛り上げるだろう、という考えを持っています。

また、本人が宣伝、購入をしていることもあるため、宣伝効果はかなり大きいと言えるでしょう。

【参考】「二次創作」こそが日本のNFTを盛り上げる道。 – Ikehaya-nft.eth

また、CryptoNinjyaは、公式サイトにdiscordも存在しているため、こちらを利用してコミュニティを拡大していくことで、フォロワーを増やすことも可能でしょう。

イケハヤ氏以外にもNFT2次創作を許可している人はいる

イケハヤ氏以外にもTwitter上で自らの作品の2次創作NFTアートを作成、販売してよいと明言している方も少なからずいらっしゃいます。

有名な方だと、さいとうなおきさん(@_NaokiSaito)などが挙げられますね。

それ以外にも、Twitter上で「自分の作品、キャラクターのNFTアート作成・2次創作の許可」を明言している方は多くいらっしゃいます。

ただし、Twitter上などでNFTアート創作に当たって守ってほしいルールを掲載している方もいらっしゃいます。

そのため、許可してくださっている方に失礼のないよう、ルールを一読するようにしましょう。

まとめ

・Twitterのフォロワーを増やすためには、CryptoNinjyaを中心とした2次創作のNFTアートを作成し、知名度を上げていく方法がおすすめ

・イケハヤ氏以外にもNFT2次創作を許可している方はいるので、事前にルールを確認したうえで2次創作作品のNFTアートの作成を行うこと

参考:NFTアートを売るための3つのPR方法 twitterのハッシュタグを宣伝に活用