NFTは2021年の流行語大賞の候補にノミネートされるほど、私たちの身近な存在となりつつあります。

従来であれば、IT系の人やビジネス関係に興味のある一部の人たちの中で、話題となりそうなものが、地上波でも特集が組まれており、その話題性の深さを伺えます。

さまざまなアーティストたちの評価が正当にされるプラットフォームが、誕生したとの声もある中、本当に想像している明るいものになるのかを、考えたいと思います。

バリューとお金

NFTでは従来ではコピーされ、正当な価値を授与されない人たちにとって、画期的なシステムであると言われます。

サブスクリプションが流行ったように、常に熱狂され注目される一握りのみの世界から、誰もが自分のファンを持ちそれらが、悪用されることなく、利益を受けられるNFT。

NFTのバリューそのものが、お金に換算されたりイーサリアムなどの仮想通貨によって、比較・評価されます。

そのため、一般的な人には手が届かない金額として取引されることも珍しくなく、若干10代の少年が、数百万円、数千万円相当の価値を生産したニュースもありました。

では実際にそれだけの価値があるのかといえば、難しいものがあります。

投機対象であり、資産が増えるポートフォリオの一部としての扱いもあるからです。

投資家が提示した金額によってさらに注目が集まりますが、それぞれのアーティストが作成したものには、それだけでは表せないバリューがあることも忘れてはいけません。

線引きが難しいNFT

値段がつくもの=『価値があるもの』というわけではありません。

多くの人がご存知のポケモンのドットアートに、数千万円の価値がついたこともあります。

これは、公式が出したものではなく、個人が作成したものです。

例えば、現実でこのように販売した時点で、著作権違反で法で裁かれることになるでしょう。

NFTでは、あくまで個人が作成したものであり、オリジナルで作成したものという扱いになります。

他にも、人気の少年漫画のキャラクターを模倣したアイテムや、アートが高額で今も取引されています。

つまり、高額で人気があるものを作成して、それらをファンが購入するため、さらに加熱していく構図があるのです。

実際には、そこにお金が集まっている結果があります。

しかし、本当にゼロから作成しているアーティストが、評価されるプラットフォームなのかと、問われたのであれば、NOという答えに限りなく近い気がします。

今後、公式の企業などが参入して来れば、この波が変化していくことも考えられますが、現状では難しいでしょう。

  • 「仮想通貨はじめて」の人にもわかりやすい
  • 画像多めで簡単に解説


初心者
向け

NFTのはじめ方
買い方を詳しく解説

リンク先:https://nftimes.jp/2022/07/nft-howtobuy/

おわりに

NFTは確かにメリットが多く、今後ますます期待されるシステムですが、扱い方や参加者のリテラシーによっては、選別されるべきバリューを誤ってしまう可能性があります。

また、見えている結果以上に、考えるべきものがあることや、人気があるから凄いというわけではないことも、頭に入れておくべきでしょう。

価値観は人それぞれですが、アーティストたちが本当の意味で評価されるシステムは、まだこれから模索していくべきかもしれません。