日本発、とんでもないNFTコレクションが瞬く間に爆誕しました。

その名も「いただきますマン🙏」!

正直ギャグにしか見えません(笑)

700枚近くのおじさんの画像がただただ並んでいるコレクションなんですから。

「このおじさんのコレクションは一体なんなんだ!?」

「誰がこんなもの作っているんだ!?」

「Twitterにおじさんのアイコンがあふれて困っているw」

そんな声にお答えすべく「いただきますマン🙏」について解説します。

関連記事:【さぬQN】うどんを食べてNFTを激安(約220円)でゲットする方法 情熱大陸出演の香川うどん店主「udon1GO」さんによる4つの「〇〇toミント」が斬新すぎる

弁当を食べる動画を2年間毎日YouTubeに投稿し続けた50代の男

画像元:https://www.youtube.com/channel/UCcUNhahb5EDDaHT3A-hoEHg/videos

いただきますマン🙏はもともと横顔さんという方(50代男性)で、YouTubeに動画を投稿し続けていました。(NFTコレクションのリリースにあたり名前を変えたとのこと)

その内容は「自分が昼に弁当を食べる様子を同じアングルからただ撮っただけ」というもの。

2年間、ほぼ毎日更新を続けるもチャンネル登録者数は約120人。再生回数もほとんどが一桁。

なのに全く改善をすることなく、来る日も来る日も動画を撮っては投稿を続けていました。

「何も変える必要はない。時代が追いついていないだけ」

いただきますマン🙏さんはそう言いますが、普通の人にとっては苦行ですよね(笑)

ところが、ついに時代が彼に追いつきました。

YouTubeのサムネイル画像をNFT化してコレクションにしたところ、とんでもないミームになったのです。

画像元:https://opensea.io/collection/itadakimasu-man

関連記事:【千葉県 検見川神社】「お守り」がNFTに 「ウォレット安全守」「詐欺除御守」「フロアプライス下落時除守」も 「日本文化を世界に」の古事記projectと共同で

インフルエンサー2名と共に企画スタート!

インドネシアの青年が「Ghozali Everyday」というNFTを販売して巨大なミームになった影響を受けていただきますマン🙏は生まれました。

「Ghozali Everyday」については以下の記事で解説しています。

関連記事:巨大ミームになったNFTコレクション「Ghozali Everyday」に迫る

ゴザリ現象の流れから、パジさん(@paji_a)、かねりんさん(@kanerinx)の2名と共にいただきますマン🙏の企画は動き出します。

リリースするNFTの数はなんと初回688枚!

つまり688日間に渡って、ただ弁当を食べる動画をYouTubeに投稿しつづけたということ。ちょっと信じられないですね(笑)

かねりんさんが1枚1枚手動でOpenSeaに出品をしたところ、出せば即売れるという状態。

結局、企画開始から24時間以内に688枚が完売しました。

関連記事:CNPJに学ぶ! NFT初心者が「これから人気が出て価格が上がりそうなNFT」を探すには 常に最新の情報をつかむ4つのツール

Twitterがいただきますマン🙏に乗っ取られた?!

リリース直後、Twitterではいただきますマン🙏のNFT画像をプロフに設定する人が続出。

EXILEの関口メンディーさん(@mandy_s_mandy)までもが、1日だけプロフ画像をいただきますマン🙏に変えるというとんでもない事件が起こりました。

TwitterのNFT民はあふれかえったおじさんの画像に大盛り上がり!完全にいただきますマン🙏に乗っ取られた状態。

この流れで日本では「おじさんの自撮り画像の大量発行」という形のNFTコレクションがミーム化しました。

有名なところではイラストレーターのさいとうなおきさん(@_NaokiSaito)が自撮り画像のNFTコレクションを発行し、今度はTwitterのイラスト界隈の人たちの間で爆笑がわき起こりました。

関連記事:さいとうなおき氏の描くジェネラティブNFTコレクション「MEGAMI_NFT」とは 他コレクションと一線を画す特徴と発売後のプロジェクト動向

いただきますマン🙏の今後はどうなる?

いただきますマン🙏は現在、専用のDiscordコミュニティが立ち上がり、様々な企画が動いています。

しかも二次創作、グッズ制作、その他収益化は自由にやってよいというスタンス。

NFTコレクション自体も彼がお昼に弁当を食べ続けるかぎり増えつづけます。今も1日1点、発行されています。

お昼ごはんの様子を毎日投稿していただけの男性が、一夜にしてNFTドリームを掴んだ話。

ネタとして面白すぎるこの動きは、今後も追いかけ続けたいと思っています。