「NFTなんてあやしい!」

「ただの画像データなんて無価値だ!」

「今売っているものなんてゴミみたいなNFTばっかりじゃん!」

NFTは超・新興産業です。

右を向いても左を向いてもアンチがいます(笑)

彼らがくちを揃えていうのがこれ。

「NFTなんて無価値だ」

でも本当にそうなのでしょうか?

すでにNFTの世界に足を踏み入れている人、もしくはこれからNFTを始めてみたいと思っている人はぜひこの続きをお読みください。

アンチの言っていることは正しい

じつは彼らの言っていることは間違っていません。

今あるNFTの99%はいずれ無価値になります。

でもこれって「当たり前」のことなんですよ。

一番わかりやすい例として、YouTubeのチャンネルを思い浮かべてください。

ヒカキンさんのようなトップYouTuberをはじめ、光のあたっている有名なチャンネルはたくさんあります。これは事実。

ですがその裏にはチャンネル登録者数がほぼゼロ、動画再生回数もひと桁みたいなチャンネルがごまんと存在することはわかるはず。

もしかしたらこれを読んでいる人の中にも、YouTubeを始めたけど結局あきらめて放置したままのチャンネルを持っている人もいるかもしれませんね。

厳しいですがそのようなチャンネルに価値があるのかないのか二択で答えろと言われたら、誰でも「無価値」というでしょう。

新しい産業の新しいコンテンツの99%は無価値というのは実は当たり前のことなんです。

NFTは無価値なのか?

「ほとんどのNFTが無価値になる」

この事実をもって、アンチは鬼の首をとったように「NFT=無価値」だと言います。

でもこれがおかしな話であることは、さきほどのYouTubeの例でもわかりますよね。

ほとんどのチャンネルは無価値だからYouTube=無価値だ!とはならないはずです。

NFTを作りたい人にとって大事なこと。それは「無価値にならないNFTを作る」、ただそれだけなんです。

自分のNFTが価値を認めてもらえるのかどうか、それはわかりません。

ですがそれはどのコンテンツも同じ。やるべきは「価値あるものを作りつづける努力をする」ことだけです。

また、NFTを作ることは自分ではしないけど買ってみたいなとは思っている人。

そのような人は、今はまだNFTが生まれたばかりの産業であることを理解してください。

そして自分の買ったNFTが無価値になる可能性も理解した上で、あくまで自分の判断でNFTを買いましょう。

「価値があるかないかなんて関係ない!自分はこのNFTが気に入ったから買うんだ」という姿勢も素晴らしいと思います。

アンチの言うことは決して間違ってはいませんが、鵜呑みにする必要はまったくありません。当たり前のことを言っているだけです。

そのことを理解したうえで、NFTの世界を楽しんでいきましょう。

  • 「仮想通貨はじめて」の人にもわかりやすい
  • 画像多めで簡単に解説


初心者
向け

NFTのはじめ方
買い方を詳しく解説

リンク先:https://nftimes.jp/2022/07/nft-howtobuy/