NFTとはデジタルデータでできており、NFTアートで人気のCryptopunks、BAYCなどは画像データなので、スクショで保存することができます。

そうなると、「高いNFTを買う必要はなく、スクショでも良いのでは?」という疑問もあると思います。

そんな疑問にお答えするために、この記事を書きました。

実は、NFTの価値は目に見えない所にあるのです。気になる方は記事を読んでください。

関連記事:【初心者向け】NFTの買い方を「仮想通貨はじめて」の人にも優しく画像多めで詳しく説明します

NFTとは

NFTがただのデジタルデータでは無いことを説明します。

NFTとは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」でデジタルデータの唯一性を証明するものです。分かりやすく言うと、一点ものです。

では、「そのデジタルデータをスクショしてしまえば、一点ものでないのでは?」という疑問が出てくると思います。

確かに、私たちが目で見る画像データとしては一点ものではなくなります。

しかし、NFTの価値は目に見えない所にあります。

NFTはブロックチェーン技術で、複数のデータが鎖のように繋がっており、データ改ざんができないようになっています。

このため、NFTは唯一性を証明することができます。

ブロックチェーンに繋がっているかどうかは、画像だけを見ただけでは正直わかりません。

しかし、仮想通貨ウォレットなどを通して見ると「ブロックチェーンに繋がっているかどうか」という大きな違いが分かります。

NFTはスクショでも良いですが、NFT本来の価値はブロックチェーン上で発揮します

NFTはただの画像データではなく、ブロックチェーンで繋がっている改ざん不可能なデータということは、わかりましたでしょうか?

でも、「NFTが唯一性を証明できるただのアート作品だったら、アートや投資に興味のない私には関係がない」と思ったあなた、ちょっと待ってください。

NFTの価値はそれだけでありません。

NFTは必ずあなたの未来で実際の生活に活用され、あなたの周りにもNFTがでてきます。

NFTの可能性について、説明していきます。

関連記事:NFT初心者が気をつけたいポイント 『稼げる』だけで始めないこと

NFTは何に使えるか

NFTが将来どのように活用されていくかというNFTの可能性について、説明していきます。

NFTは唯一性を証明できるデータですが、今の生活でも唯一性を証明しているものがあります。

免許証、パスポート、保険証、マイナンバーカードの個人証明証が一番身近だと思います。

これらの証明証は国が個人の唯一性を証明しています。

これらはNFTになる可能性が高いです。

証明証がNFTになることで、様々な利点が生まれます。

例えばマイナンバーカードがNFTになったとします。

住民票を取る時には、今まで市役所に行って、マイナンバーカードを見せて・・・という、やりとりをすると思いますが、スマホ1つで証明証が提示できるようになります。

しかも、世界共通の技術なので、日本だけでなく海外でも使えます。

パスポートがNFTになれば、入出国の時にパスポートにハンコを押すという工程がなくなる可能性があります。

NFT自体が信頼性を担保しているので、確認作業がなくなります。

他にも履歴を全部ブロックチェーン技術で管理することで、偽造ができなくなります。

証明証の分野だけでもNFTの活用は多くできそうです。

他にも映画、コンサートなどのチケットにすることや、会員券に活用できたりします。

ディズニーランドの入場券がNFTになったら、当日パークに行った人同士でコミュニティも作れたりします。

NFTは今後衰退することは無いので、積極的に勉強した方が良いテクノロジーです。

  • 「仮想通貨はじめて」の人にもわかりやすい
  • 画像多めで簡単に解説


初心者
向け

NFTのはじめ方
買い方を詳しく解説

リンク先:https://nftimes.jp/2022/07/nft-howtobuy/

まとめ

・NFTはスクショでもいいが、本来の価値はブロックチェーン上で発揮する

・NFTは生活を楽しく快適にすることができる

・NFTの可能性は多くあり、実際の生活にも活用できるところが多くある