NFT界隈で成果をあげようとすれば、必ずしも情報収集が必要となります。

なぜなら、NFTとは仮想通貨やメタバースなどといったいわば進化をし続けている類の概念と密接に関わっているため、情報の行き交う量が多いからです。

また、その情報は多ければ多いほど良く、新しければ新しいほど価値があり古くなればそれは価値を持たなくなるという特性も持つからです。

つまり常に価値ある情報を持った上でパフォーマンスを発揮するためには情報収集が欠かせないのだというわけですね。

そこで今回は私の現在知りうるNFTの情報ツールをご紹介したいと考えています。

関連記事:【インタビュー】ガラケー&小遣い6,000円からNFTの世界へ NFTは「前向きでチャレンジを応援してくれるやさしい仲間、新しい自分と出逢うためのチケット」

Twitterは絶対的に優先度一位!

情報収集ツールでは絶対に外せないのがTwitterです。

やはり実際に多くの人がNFTアートの売買を行なっている場所ですし、使い方がシンプルで利用者数の多いSNSと言えるので絶対に使うべきであると思います。

Twitterの画面の上の方に出てくる紫のものを「スペース機能」というのですが、これが結構情報収集の役に立ちます。

そこではフォロワーが多く実績もあげている人が、色々な情報や実際のノウハウなどを伝授していることも多くあるので、これに参加してそういった情報を積極的に取りに行くことはかなり有用な手段といえると思われます。

NFT界隈の方々はやはり「何かを発信したい!」と思う方が多いのか、そういった情報提供の機会や質問への応答に積極的に応じてくれる場合が多いように見えます。

それゆえ、スペース機能はもちろんそれ以外でもTwitter仲間を増やし、効果的に質問したり会話をしたりしてコミュニケーションをとっていくことが、情報収集のみならず自分の宣伝にもつながります。

ぜひ試してみてください。

ラインオープンチャットやディスコードも賑わっている!

ラインで「NFTオープチャ」と検索すると出てくるオープンチャットでは常に誰かが質問をしたりそれに応答したり情報を開示するなどのことが行われています。

毎日それらをチェックすることで見落としていた問題点に気づくこともできてとても有用です。

また、それらに参加するということはつまり、自分がその中で発信者となることもできるということなのでそういった意味でも有用であるといえますね。

また、ディスコードというアプリもあります。

しかしこれは招待制なので少し敷居が高いのが特徴です。

しかし、そのコミュニティーに入ればラインオープンチャットのように使うこともできるのでこれも情報収集に有効なツールです。

そのコミュニティーに入るためにも日頃からTwitterでたくさん活動し、仲間と呼べる人を増やしていくことが必要でしょう。

  • 「仮想通貨はじめて」の人にもわかりやすい
  • 画像多めで簡単に解説


初心者
向け

NFTのはじめ方
買い方を詳しく解説

リンク先:https://nftimes.jp/2022/07/nft-howtobuy/

情報を取りにいこう

自分から積極的に動いて界隈の人とコミュニケーションを取りながら情報網に入り込むことが重要です!

お互い頑張っていきましょう。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。