近頃は空前のNFTブームが訪れていますね。

そんな中、多くの方々がNFTに興味を持っているのではないかと思われます。

今回はそんな方々に向けて、「NFTとはこういうもの」という基本の知識をお教えしようと思います。

これからNFTに参戦する方、あるいははじめてみたけれどまだ右も左もわからないという方はぜひ最後までお読みいただき参考にしてみてください。

NFTって何?

NFTが話題によく上がるようになり始めた昨今ですが、そもそもNFTとは何なのでしょうか。


NFTの実態は非代替性トークンというものです。これは、画像や動画などに対して付与される代替不可なデータの単位といえます。


簡単にいうと、新しいデータ保持のかたちといえるかもしれません。

この中のNFTアートという部門が、近頃のメタバースといういわゆる仮想空間を作るための取り組みのようなものが流行っている風潮とうまくマッチングして大変栄えているという現状があるのです。


NFTというと今世間ではこのNFTアートを指しますが、それではそれを始めるにあたって必要な体系知識を述べていこうと思います。

NFTアートにまつわる体系知識を抑えておこう

電子データの絵を売る市場のような場所が、NFTアート界隈にはたくさん存在しますが、その大半が使っているのが「Opensea」という場所でしょう。

ここに、自分の絵を販売していくのですが、それにあたって当然必要になってくるのが自分のアカウントであります。

自分のアカウントは仮想通貨のウォレットと紐づいている必要があるのでここで初めての方は「メタマスク」というウォレットを作ることをお勧めします。

これは主に収益が出た場合に必要となる媒体です。

それ自体を作るのはとても簡単です。

この工程を終えて自分のプロフィールを作成するといよいよ自分の作品をアップする段階に入ります。

作品を売るとき、今はPolygon(ポリゴン)かイーサリアムが選べます。

Polygonは初期費用タダですが、最終的な引き出しの際に少しだけ手数料を取られます。

イーサリアムはガス代と呼ばれる手数料が何かにつけてかかり、コストが大きめですがイーサリアムの方が出回っている通貨であるため買われやすいあるいは少しブランドがつくといったメリットがあります。

好きな方を選んでいよいよ出品するという流れになります。想像していたほど煩瑣な手続きではないと感じたのではないかと思います。

NFTアートのことをよく知ってまずは行動してみよう

私もNFTアートを始めた頃は今まで聞いたこともない分野であり概念であるため、身構えてしまっていましたが、こうして改めて体系的な情報を見てみるとそこまで複雑ではないように思えますね。

はじめての方は、どうにもはじめの一歩が踏み出しにくいと思いますが、勇気を持ってチャレンジすることが大切です。

一緒にNFTを頑張りましょう。

作品がより売れるように、様々な工夫を取り入れるよう心掛けてみましょう。

参考:NFTアートを売るための3つのPR方法 twitterのハッシュタグを宣伝に活用

  • 「仮想通貨はじめて」の人にもわかりやすい
  • 画像多めで簡単に解説


初心者
向け

NFTのはじめ方
買い方を詳しく解説

リンク先:https://nftimes.jp/2022/07/nft-howtobuy/