NFTアートに参入している方々はTwitterにてマーケティングなどの活動をされていると思いますが、それにもどうやらコツがあるようで、とにかくやってみるというだけでは、なかなかうまくはいかないようです。

私はこれまでこのサイトでTwitterに関する記事をいくつか出しておりますが、今回はフォロワー集めに関して言及していこうと思います。

・なかなかフォロワーが増えない!

・実際の参入者の生の声が聞いてみたい!

という方におすすめの記事です。

参考:

NFTは実際稼げる? 実際やってみたら、全く売れず、「いいね」すら1つもつかない。

NFTアート用Twitterアカウント フォロワー増につながるプロフィールのつくり方

NFTの情報収集はどこで行う? Twitter、ラインオープンチャット、ディスコードが鍵

NFTアーティストとして認知度を上げるTwitter活用法 「NFTアートはじめました」だけではダメ

私が思いついたフォロワーを増やすための作戦

「NFT界隈のお友達が欲しいです。よければフォローしてください。必ずフォロバします。」という旨のツイートをしている人をしばしば見かけるので、これをつぶやいてみようと思いつきました。

実際このようなツイートには多くいいねが押され、FF外の方々からコメントもついておりました。

そこで私はこのようなツイート文を書いた後、ハッシュタグで#フォロバ#NFTなどと入れてツイートしてみたというわけです。

実際に試してみたところ、「いいね!が1」しかつかず「コメントは0」

実際ツイートすると、なんといいねが1つしかつかず、コメントはきませんでした

その後フォロワーが増えたわけでもないのでほとんど効果がなかったといって良いでしょう。

全く思ったような展開にはならず、失敗に終わってしまったので今回この方法がなぜうまくいかなかったのか考えてみることにしました。

すると次の見出しのような気づきを得ました。

NFT界隈の温度感や雰囲気を体感リサーチすることが大事!

こうしたツイートをしてフォロワーを増やしている方々は、よくツイートやコメントあるいはいいねなどで、TL上によく登場しているように見えます。

そうすることで「あの人はフォロワー増やしのためではなく真剣にこの界隈の人と仲良くしたいのだろうな」と思ってもらえるのでしょう。

安心感を与え、誠実さをアピールすることが重要であるといえるわけですね。

また、それだけではなくNFT界隈の雰囲気や言葉の使い方などをおさえて合わせにいくと良いと思います。「おはようございます」を「GM」と表現するなどといった細かい工夫です。

このようなことをリサーチするためにも頻繁にTwitterを覗いたり参加したりすることが重要なのではないかと思います。

そこを反省し改善した上で私ももう一度トライしてみようと思います。

参入者が増え、NFTアートで生き残ることが難しくなってきたのだろうということは想像に難くありませんが、知恵を絞って頑張っていきましょう!

今回もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

作品がより売れるように、様々な工夫を取り入れるよう心掛けてみましょう。

参考:NFTアートを売るための3つのPR方法 twitterのハッシュタグを宣伝に活用