2021年から始まったNFTブームですが、2022年も引き続き盛り上がりを見せています。

NFTが売買できるマーケットプレイスは米国発のOpenSeaが世界シェアの90%を占めていると言われていますが、まだまだこれからスタートする新しいマーケットプレイスも存在します。

この記事では、2022年の春より本格始動を予定している「HINATA」をご紹介します。

・OpenSea以外のマーケットも使用してみたい!

・HINATAで買えるNFTの特徴を知りたい!

という方は、ぜひ最後までご覧ください。

日本のアートがテーマのマーケットプレイス「HINATA」

https://hinata-nft.com/lp/01

「HINATA」は株式会社FUWARIがオープンしたNFTマーケットプレイスです。

日本には着物や焼き物といった伝統工芸に加えて、漫画やアニメといった世界に通用するポップカルチャーも存在しています。

日本にある魅力的なコンテンツをNFTとして世界中に届けることをHINATAの使命として掲げています。

その他の特徴

HINATAには、3つの特徴があります。

・メディア運営で、作品の魅力を発信

・エコな取引

・手続きがスマート

1. メディア運営で、作品の魅力を発信

https://hinata-nft.com/magazines

NFTアーティストの多くは、自分でSNSを運営し、作品の制作と共に、宣伝活動も行っています。HINATAは、クリエーターが作品に込めた思いや、ストーリーを発信することを目的として、独自のメディアを運営します。

ただNFTを売買できるだけの場ではなく、より深い作品の魅力を伝えることができるプラットフォームとしても機能したいという思いが込められています。

2. エコな取引

ブロックチェーン技術の応用で課題となっているのが、消費電力やガス代です。

HINATAは、パブリックチェーンではなく、プライベートチェーンを使用することで消費電力を抑え、利用手数料を低くする設計になっています。

そのため、従来のマーケットよりもエコに利用を継続できる仕組みです。

3. 手続きがスマート

HINATAは、シンプルなログインと、クレジットカードによる法定通貨決済を可能にしたことにより、他のマーケットプレイスに比べて手続きをシンプルにしています。

ログインにはNFTのマーケットプレイスで頻繁に使用されている秘密鍵は使用せず、ユーザーが慣れ親しんだログインIDとパスワードを利用します。

仮想通貨決済が一般的なNFTマーケットプレイスですが、HINATAではクレジットカードを利用した法定通貨決済が可能です。

現在キャンペーン開催中

https://hinata-nft.com/lp/01

HINATAでは、アカウント開設のキャンペーンを開催しています。

着物文化で有名な「京友禅」や、日本から誕生した「タタメルバイク」モチーフのNFT、「走るキノコ」をテーマとしたNFTや、「日本酒ラベルアート」も先着でプレゼントされました。

(※タタメルバイク、日本酒ラベルアートのキャンペーンは終了しました。京友禅のキャンペーンは2022年3月6日まで応募可能。走るキノコNFTキャンペーンはComing Soon)

この機会に新しいNFTマーケットプレイス「HINATA」の利用も、検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、日本のアートをテーマにした新しいNFTマーケットプレイスである「HINATA」について解説しました。

HINATAは魅力的な日本のアートをNFTとして世界に届けることを使命としています。

メディア運営や、エコな取引、スマートな手続きでより多くのユーザーにNFTを楽しんでもらえるような工夫がされています。

今ならキャンペーンも開催中です!ぜひこの機会に、日本のアートを世界に届けるマーケットプレイスの利用開始を検討してみてください!