ORADAは日本文化に特化したNFTマーケットプレイスです。

2022年1月24日に作品の募集を開始したORADAは、日本文化を生業としている方々に正当な対価が支払われることを目指しています。

そんなORADAはスタートバーン社が提供している、アートのためのブロックチェーン「Startrail」を採用。

ブロックチェーン上に日本文化を記録することで、作品の複製を防ぎます。

また、Startrailの最大の特徴は「実物とオンライン情報の紐付け」ができることです。

現物が多い日本文化にとっては、実物と情報の紐付けができるStartrailの相性は抜群で、あらゆる日本文化がデジタル資産として流通できるようになります

ORADAの機能は?

出典:http://orada.co.jp/

ORADAが搭載している機能は以下の通りです。

  • NFTの発行
  • NFTの販売
  • NFTの購入

以上の3つの機能を備えています。

ORADAでNFTを発行する際には実物とのオンライン情報を紐付けできますので、あらゆる文化が発行可能です。

例えば、デジタルデータにしにくい日本文化として芸能や料理、楽器などがあげられますが、ORADAであればNFT化が可能です。

従来のNFTマーケットプレイスではアート作品や音楽などが主流でしたが、ORADAの登場で日本文化のNFTは多様性を持つようになります。

日本文化のNFT化が容易になりますので、今後はさまざまな分野の第一人者が参入してくることが予想されるでしょう。

また、ORADAで販売されるNFT作品はオークション形式ではなく定価販売です。

販売価格の吊り上げがないため、安心して市場に参入できるようになります。

ORADAの将来性は?

出典:http://orada.co.jp/

日本文化に特化したNFTマーケットプレイスは数少ないため、ORADAの存在自体がかなりニッチなものです。

そのため、独自性が保証されていますので、既存のマーケットプレイスとは市場を争う可能性が低いでしょう。

また、仮想通貨での決済が主流なNFTのマーケットプレイスですが、ORADAではクレジットカードやPayPalなどの決済手段も導入するそうです

さまざまな決済手段を用意することで、仮想通貨でのNFTの購入に抵抗があった層も巻き込めるようになるでしょう。

いずれにせよ日本文化とNFTの融合により、さらにNFTが身近になることが予想されます。

日本の文化を支えていくことはもちろん、NFTを支えていくプラットフォームとしての成長も期待できるでしょう。