自分でNFTを作って販売することが日本でも盛んに行われるようになってきました。

特にイラストレーターをはじめとしたコンテンツクリエイターの方にとって、NFTは革命的な技術です。

これまでのコンテンツクリエイターの仕事の大部分はクライアントから依頼を受けて自分の作品を納品し、その対価を報酬としてもらうという形でした。

自分がコンテンツを納めたクライアントがそのコンテンツを利用した事業で収益を得たとしても、コンテンツ製作者にはその利益は還元されませんでした。

特に個人のコンテンツ制作者は「安く買い叩かれる」ことが多かったといえます。

(そのような働き方がダメだと言いたいわけではありません。制作者に利益が還元されづらい構造があったということです)

ところが、NFTを用いたビジネスはコンテンツクリエイターの働き方を一変させました。

まだ日本では起こったばかりの産業なので「一変した」と言い切ることはできませんが、その芽は出つつあります。

この記事では、

 ・NFT販売のビジネスモデルとしての仕組み

 ・NFTクリエイターが永続的に稼げる理由

について解説します。

関連記事:NFTって何ができるの? 具体的な使いみち(アート・投資・ゲーム)を初級者向け、中上級者向けに分けて徹底解説します。

最初はマーケットプレイスにおける一次流通から

ここではNFTを販売するマーケットプレイスとして世界最大のOpensea(オープンシー)を想定します。

自分でNFTを作ったら、まずこのOpenseaに出品をすることになります。

出品したあと無事に誰かに買ってもらうことができたとしましょう。

その時点であなたのNFTはOpenseaで流通し始めることになります。

「自分で作ったNFTがマーケットで売れること」

これを一次流通と呼び、販売価格分のETH(イーサ)が自分のウォレットに入ります。(厳密にはOpenseaへの手数料2.5%が差し引かれます)

つまり一次流通の販売価格は、若干の手数料を除いてほぼ全額が自分の収入となります

関連記事:CNPJに学ぶ! NFT初心者が「これから人気が出て価格が上がりそうなNFT」を探すには 常に最新の情報をつかむ4つのツール

クリエイターに還元される仕組み 〜二次流通〜

自分の手元を離れたNFTはその後、マーケットプレイス内で転売される可能性があります。

仮に最初にNFTを買ってくれたお客さんをAさんとしましょう。

Aさんは自分が買ったNFTを、Bさんに転売することが可能です。

例えばあなたが流通させたNFTをAさんは1ETHで購入したとします。

その後、AさんはBさんに2ETHで転売したとします。

2ETH(Bさんへの転売価格)− 1ETH(Aさんが最初に購入した価格)= 1ETH

この差額の1ETHはAさんが得られる利益になります。(手数料は一旦無視します)

しかし実際は、この1ETHがまるまるAさんの利益になるわけではありません。

NFTの転売時(これを二次流通といいます)には、転売価格の最大10%が制作者に入ってくるように「製作者自らが」設定することができます。

さきほどの例では2ETHで転売されているので、10%にあたる0.2ETHはAさんではなくNFTを作ってマーケットに流通させた「あなた自身のお財布」に入ってくることになるのです。

関連記事:イーサリアムのガス代ってなに? ガス代を安くするには10時~13時を狙おう(私の検証結果で解説)

二次流通の手数料は永久に発生する!

さらに驚くべきことがあります。

この二次流通で発生する最大10%の手数料は未来永劫、あなたのNFTが転売を繰り返す限りずっとあなたの手元に入ってくるのです。

現物の絵画などではこんなことはありえません。

転売時に生じた利益は、基本的に最後に転売をした人が総取りすることになります。

ところがNFTはブロックチェーンの技術を利用することで、NFTの制作者に永続的に転売手数料が入る仕組みを可能にしてくれるのです。

これまでは自分の制作したコンテンツを買い取ってもらって一度きりの収入を得る、という働き方が主だったコンテンツクリエイター。

ところがNFTの登場により、誰かに中間搾取をされることもなく、さらに一度リリースしたコンテンツから永続的に収益を得られる仕組みが実現しました

もちろん、売れるNFTコレクションを作ることはそうそう簡単なことではありません。

ですがもし人気のコレクションを作ることができたら、これまでとはまったく違う稼ぎ方を実現することができるかもしれませんね。

作品がより売れるように、様々な工夫を取り入れるよう心掛けてみましょう。

参考:NFTアートを売るための3つのPR方法 twitterのハッシュタグを宣伝に活用