NFTは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略でデジタルデータの唯一性を証明するものです。将来的にはデータの唯一性を応用して、コンサートのチケットや、個人証明など、色んな分野に広がっていくことが予想されます。

そして、今はNFT持っている人はまだまだ少ないです。

イノベーター理論(※)では、市場全体の2.5%が新しいことが好きな層ですが、NFTを持っている人は、その2.5%にも満たないと言われています。(※消費者を5つの層に分類することにより、新しい商品やサービスがどのように市場に普及していくのかを分析したマーケティング理論)

ということは、NFTを持つという体験に価値が出てきます

その体験を共有するために、NFTをプレゼントする企画をして、Twitterのフォロワーを増やすことが出来ます。

その方法を知りたい方は、記事を読んでください。

関連記事:NFTのGiveaway企画 私はこの3つを意識したことで参加者が増え、購入につながりました

NFTのプレゼント企画

TwitterでNFTのプレゼント企画は色んな方がやっています。

NFTプレゼント企画は「#NFTGiveaway」で、検索してください。日本の企画から、海外の企画まで大量に出てくると思います。

NFTGiveaway企画の魅力は、なんといっても無料であることです

そして、NFTをプレゼントする側もプレゼントされる側にもメリットがあります。

NFTをプレゼントする側のメリットは、これから発行するNFTに価値を付けるために集客する必要がありますが、そのためには集客して、ファンを作ることが必要です。そのために、Giveaway企画は有効です。

NFTをプレゼントされる側のメリットは、リスクが無いことです。

これから価値が出るか出ないかを分からないNFTを購入するのは、怖いです。

ましてや、NFTを手に入れたことが無い人なら、なおさら分からないことだらけです。

さらに、NFTが初めての人にはNFTを所有するという体験をプレゼントすることが出来ます。

NFTをプレゼントする側、プレゼントされる側双方でwin-winの関係を築けるのが、Giveaway企画です。

関連記事:NFTが無料でもらえる「Giveaway」の4ステップと注意点 心当たりない怪しいNFTが届きました…

Giveaway企画をやるために決める事

Giveaway企画の概要は分かりましたでしょうか?

続いて、Giveaway企画の要件を決めていきます。

Giveaway企画をやるためには、下記の要件を決めます。

・企画への参加条件

・NFTをプレゼントする人数(全員かそれとも抽選かを決めます)

・企画の実施期間

・プレゼント方法(DMでウォレットアドレスを聞くか、リプ欄に載せるか)

を決めていきます。

関連記事:【巧妙すぎるNFT詐欺】私もあやうく騙されるところでした… 代表的な3つの詐欺手法と対策を教えます

Giveaway企画の参加条件

Giveaway企画の参加条件は色々とありますので紹介します。

参加条件は、

・主催者のフォロー

・共催者のフォロー

・ツイートのいいね、RT

・知人のタグ付け

がよくあるパターンで、珍しいのだとリプ欄に「熱い思い」を書くや、Openseaでいいねをするという条件もあります。

ほとんどの参加条件は、主催者のフォロー、いいね、RTです。海外の企画ですと、知人のタグ付けが条件に入ることがほとんどです。

  • 「仮想通貨はじめて」の人にもわかりやすい
  • 画像多めで簡単に解説


初心者
向け

NFTのはじめ方
買い方を詳しく解説

リンク先:https://nftimes.jp/2022/07/nft-howtobuy/

NFTを使ってフォロワー増やす方法

NFTのGiveaway企画を実施して、参加条件に主催者のフォローを入れれば、フォロワーを増やすことができます。

自分でNFTを作れなくても、自分が持っているNFTをGiveawayするのでも大丈夫です。

クリエイターさんの作品をGiveawayする際には、クリエイターさんから了解を得た方がトラブルにならず、クリエイターさんからの協力も得られやすいです。

なので、クリエイターさの作品をGiveawayする場合はクリエイターさんから了解を得てからやっていきましょう

関連記事:OpenSeaのHiddenに見覚えのない怪しいNFTが… 正体はスキャム(詐欺)、一番良い対策はコレ。

まとめ

・NFTを使ったGiveaway企画をすることでwin-winの関係でフォロワーを増やすことが出来る

・NFTGiveawayをやる場合は、参加条件を明確にしておく

・クリエイターさんの作品をGiveawayする場合は、クリエイターさんに了解を得ておく

作品がより売れるように、様々な工夫を取り入れるよう心掛けてみましょう。

参考:NFTアートを売るための3つのPR方法 twitterのハッシュタグを宣伝に活用