NFTは、アート・スポーツ・ゲーム・音楽など、さまざまな業界に進出しています。

どんな業界とNFTがコラボしても、NFTに精通している人はもう驚かないはず..!

そう思っていたある日、SNSで衝撃のコラボを見つけてしまいました..!!

それが、「ラーメン×NFT!」

「NFTを買ってみたいけど、どれも同じようなアートばっかりだし面白いNFTないかなぁ~」

こんな風に思っているあなたに、ピッタリのNFTです。

また、飲食業界はコロナ禍で苦戦している店も多いはず…!

なかなか売り上げがでないNFTクリエーターや飲食点の方々は、ラーメンNFTのコンセプトが参考になるでしょう。

この記事では、日本初のラーメン店とコラボした「RAMEN NFT」について紹介していきます。まずはご一読を!

関連記事:【さぬQN】うどんを食べてNFTを激安(約220円)でゲットする方法 情熱大陸出演の香川うどん店主「udon1GO」さんによる4つの「〇〇toミント」が斬新すぎる

RAMEN(ラーメン) NFTとは?

ラーメンNFTとは何か?公式Twitterから引用しつつ紹介します。

簡単に言うと、「ラーメン店とコラボしたNFTを取得することで、店舗のラーメンを所有できる。」というのがコンセプトのようです。

「お気に入りのラーメンのNFTを持っておきたい!」

こんな風に思う人は意外と多いのでは?

第一弾のコラボNFT「麺屋宗」は即完売

画像元 https://opensea.io/collection/ramen-nft

ラーメンNFTのコラボ第一弾は、東京都新宿区にある「麺屋宗」です。

麺屋宗 http://www.menya-sou.com/

麺屋宗のメニューを、ビックリマンシールのモチーフで販売したNFTは、わずか3日で完売しました。

2022年3月、NFT全体の売り上げが減少し「NFT冬の時代」とSNSでは言われています。

そんな期間で即完売したのは、やはりラーメンとNFTというコンセプトがよかったのでしょう。

関連記事:【千葉県 検見川神社】「お守り」がNFTに 「ウォレット安全守」「詐欺除御守」「フロアプライス下落時除守」も 「日本文化を世界に」の古事記projectと共同で

気になるRAMEN NFTの価格は??

第一弾のNFTの価格は、0.01ETH(約3500円)です。

NFTの中では、かなり安価で販売されています。

「NFT欲しいけど、高すぎて買えない…」

こんな風に思っている人は多いでしょう。

ラーメンNFTは、手ごろな値段なのではないでしょうか。

第二弾も実施!ギブアウェイ開催!

公式Twitterによると、第二弾のNFTは「博多ラーメン 池メン」牧野原本店とコラボ予定だそうです。

また、第一弾のNFT完売を記念して、NFTのギブアウェイ(無料配布)を行う予定とのこと。

今後も、RAMEN NFTから目が離せません。

クリエーターや飲食店の方は、RAMEN NFTのコンセプトを参考に新しい集客の方法として検討してみてください!

関連記事:NFTが無料でもらえる「Giveaway」の4ステップと注意点 心当たりない怪しいNFTが届きました…