Genopets(ジェノペッツ)とはモンスター育成ゲームとMove To Earn(動いて稼ぐ)システムが組み合わさったNFTゲームです。

Move To Earnのゲームがたくさん登場する中でGenopetsが他のM2Eと比べてどのような特徴があるのかご紹介していきます。またGenopetsの始め方についても解説していきます。

関連記事:NFTって何ができるの? 具体的な使いみち(アート・投資・ゲーム)を初級者向け、中上級者向けに分けて徹底解説します。

Genopets(ジェノペッツ)の3つの特徴

3つの特徴を解説

GenopetsとはどのようなNFTゲームなのでしょうか? まずはGenopetsの特徴を3つご紹介します。

関連記事:「ジェノペッツ(Genopets)」とは無料でペットと歩いて稼げるゲーム 始め方やウォレットを解説

①P2EとM2Eが組み合わさったNFTゲーム

歩くとモンスターが育つのは楽しい

GenopetsはPlay To Earn(P2E)とMove To Earn(M2E)が組み合わさったNFTゲームとなっています。

モンスターを育成してバトルさせたり、育成したモンスターを販売して稼ぐのがP2Eの機能です。自分のモンスターを進化させたり属性をカスタマイズする事も可能です。

このモンスターを育成するために必要となってくるのがM2Eの機能です。Genopetsのモンスターは基本的にプレイヤーが歩いたり、動いたりする事で経験値を得る事が出来ます。

Genopetsはこの様にM2Eでモンスターを育成し、P2Eでトークンを稼ぐと言った楽しみ方が出来るNFTゲームです。

関連記事:無料でNFTゲームが始められる!「PlayMiningとDEAPcoin」に注目すべき理由3選 特に「日本の取引所への送金、日本円への換金」は圧倒的な強み

②初期費用がほとんどかからない

無料で初期費用がかからないのは嬉しい

Genopetsは無料でプレイする事が可能です。話題のSTEPNなどは初期費用が15〜20万円ほど掛かるのでNFT初心者には参入しにくい部分がありました。

Genopetsはガス代と言われる手数料が少しかかりますが、基本的に無料で遊べるゲームなので初心者でも参入しやすくなっています

登録時に手数料が発生するので1000円分購入しておくことをお勧めします。

③独自のGENEトークンとKIトークン

Genopetsでは独自のトークンが使用されています。GENEトークンはガバナンストークンの役割があり、所持していると運営に意見する事が可能です。

また、GENEトークンをステーキングする事でKIトークンを得る事が出来ます。KIトークンはゲーム内で使用するトークンです。主にモンスター育成に必要なトークンとなっています。

この2つのトークンを活用する事でたくさん稼ぐ事に繋がっていきます。

関連記事:【上場間近!】無料で歩いて稼ぐ「Sweatcoin」の始め方、遊び方、稼ぎ方を実際にプレイしている筆者が解説 よくある質問にも回答します

Genopetsの始め方

始め方を解説します

ここからはGenopetsの始め方を解説していきます。Genopetsは始めるためにはPhantomと呼ばれるウォレットとの連携設定が必要となります。

ここではPhantomへの連携方法とGenopetsへの登録手順を解説していきます。

①国内取引所に登録し、仮想通貨を購入する。

リップル

まずは円を仮想通貨に交換する必要があるので国内取引所への登録がまだの方は登録をしましょう。おすすめのサイトはコインチェックです。

登録後、国内取引所へ入金を行う事で仮想通貨の購入が可能となります。購入する通貨はガス代(手数料)が低いXRP(リップル)がおすすめです。

関連記事:イーサリアムのガス代ってなに? ガス代を安くするには10時~13時を狙おう(私の検証結果で解説)

②海外取引所に登録し、送金を行う。

次に国内取引所で購入した仮想通貨を海外取引所へ送金する必要があります。

海外取引所はGenepetsのトークン¥GENEの取扱があるByBitをおすすめします。Bybitへの登録が完了した後は国内取引所からBybitへ送金を行います。

③SOLトークンを購入する。

SOLANA

海外取引所へ送金が出来ましたら海外取引所で$SOLトークンを購入していきます。トークンの購入は海外取引所内に送金した仮想通貨と$SOLを換金するイメージで簡単に行う事が可能です。

④Phantomウォレットの作成。

Phantomウォレット

https://phantom.app/

$SOLトークンの購入が完了した後は、Solanaのウォレットと紐付けが必要となります。Phantomと呼ばれるウォレットと紐付けを行いましょう。

スマートフォンであれば、アプリストアから簡単にダウンロード可能です。PCであれば公式サイトから登録を行いましょう。

Phantomへ登録が出来た後は海外取引所からPhantomウォレットへ$SOLトークンを移して準備が完了です。

⑤Genopetsへ登録する。

ジェノペッツのサイト

https://www.genopets.me/

ウォレットの準備が出来ましたらGenopetsの登録へと進めます。Genopetsは2022年4月現在はβ版のみの登録となっており、β版テストへの参加資格が必要となります。

参加資格はGenopetsへ登録された方から順番に取得可能となっており、Genopetsの公式サイトから登録し参加資格を取得する必要があります。

公式サイトからアクセスし、Genopetsへの登録を行いましょう。登録後Phantomウォレットとの紐付け、質問事項への回答で準備が完了です。

ここからは現時点では先着順となりますのでプレイ可能になるまでGenopetsからの連絡を待ちましょう。

関連記事:Genopets(ジェノペッツ)は本当に将来性ある? 運営会社や出資状況などから分析してみた

まとめ

まとめ

Genopetsはモンスターの育成とMove To Earnを組み合わせたゲームで現時点ではβ版にも関わらず注目を浴びています。NFTゲーム初心者でも参入しやすく、ゲーム性は「ポケモンGO」に似ていて簡単です。

今はまだ認知度は低いですが、世界中で「ポケモンGO」が大流行したようにGenopetsも世界規模で流行するのではないでしょうか。