• OpenSeaのETHの色はいくつかあるけどなんだろう?
  • ETHの色について知りたい!
  • それぞれどんな特徴があるんだろう?

このようなお悩みを解決する記事となっています。

NFTを見ているとETHの色がいくつかありますが、初めてOpenSeaを使う人にとってはよくわからないですよね。

そこで今回はOpenSeaに出てくるETHについて解説します。この記事を読めば、初心者でもOpenSeaのETHの違いについて理解できますよ。それでは見ていきましょう!

関連記事:OpenSeaやtwitterで高額なサルを見かけるけど、あれは何なの? 「BAYC」と「MAYC」の違いを簡単に説明

3種類のETHについて

OpenSeaにあるETHは次の3種類あります。

  • 黒のETH
  • 紫のETH
  • ピンクのETH

技術的な難しい話は今回なしで、やさしく解説していきます。それでは1つずつ見ていきましょう!

黒のETH

黒のイーサ

画像元:NeoTokyoPunks@opensea

黒のETHはEthereum(イーサリアム)チェーン上のETHを表しています

この黒のETHは暗号資産取引所(CoinCheckやbitFlyerなど)で買えるETHと同じものと覚えておけばOKです。

OpenSea上にあるNFTのほとんどは黒のETHで取引されています。ちなみにTwitterで見かける6角形のアイコンは、この黒ETHで取引されたNFTが正体です。

関連記事:Twitterアイコンを六角形にしてみた 年間6千円もかけるメリットと設定方法を解説

紫のETH

紫のイーサ

画像元:onigiriman’s cute girl Collection@opensea

紫のETHはPolygon(ポリゴン)チェーン上のETHを表しています

この紫ETHは暗号資産取引所では買えないので、OpenSea上で黒のETHから交換する必要があります

紫ETHの特徴は取引手数料がほとんどかからないことです。

ちなみにこの手数料はガス代とも呼ばれています。ガス代が安いので、低コストでNFTを買いたい・売りたい人にはピッタリです。

Polygonについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:ガス代が安くなるポリゴン(Polygon)って何?

ピンク色のETH

ピンクのイーサ

画像元:CryptoNinja Partners@opensea

ピンク色のETHはWETH(ラップドイーサ)を表しています

このWETHはNFTをオークション形式で販売していることを示しており、1番高い価格を提示した人が買える仕組みです。

オークションが終わるとそのNFTは黒ETHのNFTと同じ扱いになります。

WETHも暗号資産取引所で買えず、OpenSeaなどで黒ETHから交換する必要があります。

関連記事:イーサリアムのガス代ってなに? ガス代を安くするには10時~13時を狙おう(私の検証結果で解説)

ETHの購入と送金、ここだけは注意

やってしまった!

ETHを所有する時に、気をつけて欲しいことがあります。それは紫ETH、ピンクETHを暗号資産取引所に送りたい時は黒ETHに交換するということです。

紫ETH、ピンクETHを黒ETHに変えないまま送ると消えます。そしてお金は永久に戻ってきません。

理由は、暗号資産取引所が黒ETHにしか対応していないから。MetaMaskから送る時にはしっかり確認をしましょう!

関連記事:【失敗談】OpenseaでNFTを買うためにイーサリアム(ETH)を購入したら…

まとめ

まとめ

今回はETHの色の違いについて解説しました。最後に本記事の内容をまとめます。

黒ETH

  • 取引所で買えるETH
  • NFTの多くが黒ETH

紫ETH

  • 手数料が安いETH
  • 取引所に送るときは注意

ピンクETH

  • オークション用のETH
  • 取引所に送るときは注意

それでは今回は以上となります。