OpenSeaのランキングには、「BAYC」や「CryptoPunks」など海外のコレクションがずらりと並んでいます。

最近になって、NinjaDAOの「CryptoNinja Partners」を筆頭に国内のジェネラティブコレクションも賑わいを見せ始めました。

そんな中で、一風変わった熱狂を生んだ「ZQN!」(ズキュン)というNFTプロジェクトをご存知でしょうか?

関連記事:【さぬQN】うどんを食べてNFTを激安(約220円)でゲットする方法 情熱大陸出演の香川うどん店主「udon1GO」さんによる4つの「〇〇toミント」が斬新すぎる

「ZQN!」とは

「ZQN!」は究極のDAOを目指す「BQN!」をオマージュしたプロジェクトとしてスタートしました。

ファウンダーのけいすけ(@kei31)さんが5月5日に企画のコメントをしてから、わずか2週間ほどで販売開始しています。

「ZQN!」の特徴

出典:ZQN!@opensea

5月22日に販売されたNFTコレクションですが、一般的なプロジェクトとは違った販売方法をとっています。

例えば、国内主要ジェネラティブNFTである「NEO TOKYO PUNKS」や「NEO Samurai Monkeys」は

0.03ETH〜0.05ETHで販売されました。

対して「ZQN!」はフリーミント、つまりタダで売りに出されたのです。

もう一つの特徴は、音声付きNFTであること。

一つ一つのNFTに、かわいい女の子の音声が収録されていますリビール後は、絵柄だけでなく音声も変化する仕様になっています。リビール前のセリフを一部紹介します。

出典:ZQN!@opensea

「こらぁ、mintしたからこうして出会えたんだ。あと少しだけ待ってるんだぞ♪」

「リビールまで、ワクワクする?それとも、ドキドキする?わたしはっ、、、。」

他にも様々な種類のセリフが用意されています。リビールが待ち遠しくなりますね。

※リビールとはあるタイミングでNFTが変わること

「ZQN!」が盛り上がった理由

出典:ZQN!公式Discord

公式Discordには「プランなし・ロードマップなし」「ギブアウェイ・エアドロップを愛する」と記載されています。この面白さに人が集まり、お祭りのように熱狂を生み出しているのです。

フリーミントのため初期セールス収入はありませんが、二次流通のロイヤリティが設定されています。

ロイヤリティが10%で設定されており、現在のボリュームトレードが3.3ETHです。およそ0.3ETHほどが、運営の収益となっています。

毎日売買が成立しているので、ロイヤリティ収入はまだ伸びていくでしょう。私も初期販売でmintしたうち、1体が0.005ETHで売れました。

関連記事:人気NFTプロジェクトのミントを成功させる3つの必須ツール(ホワイトリスト、twitterスペース、discord) 早押し合戦で優先的にミントするテクニックも実体験で紹介

今後の展望

罵QN!@Opensea

リビール日は7月3日の予定で、絵柄と音声が変わります。リビール後のセリフはDiscordコミュニティ内で募集がかけられました。

関連プロジェクトも盛り上がりを見せています。

女の子から罵倒される音声つきNFTの「罵QN!」(バキュン)は、8,900体がわずか2分で完売6月26日には、褒め褒めボイスの彼QN(カレキュン)販売予定です。

私は「ZQN!」所持者だったため、「罵QN!」を販売前にエアドロップで受け取ることができました。ZQN所持者には、今後販売される「彼QN!」のエアドロ可能性あるかもしれません。

関連プロジェクトとともに、「ZQN!」は今後注目が必要でしょう。