こんにちは!ロックスターです。今回はTwitterで話題中のCryptoNinjaPartnersについて解説していきます。

どんなNFTなの?

画像元:CNP公式サイト https://www.ninja-dao.com/cnp

CryptoNinjaPartnersはもともとリリースされていたCryptoNinjaシリーズの忍者たちのパートナーを主役にしたコレクションです。

もともと人気のあったCryptoNinjaシリーズであることと、そのサブキャラクターのNFTが非常に安い価格でOpenSeaに販売されたことで話題になりました

また、CryptoNinjaがインフルエンサーのイケハヤ氏とリツ氏がプロデュースしていることでも人気がありますが、NinjaDAOのクリエイター陣による正統派スピンオフ企画として実現しました。

私も参加していますが、DiscordでのNinjaDAOチャンネルは3万2000人ほどのメンバーが参加しています。

Discordでのやり取りをそのまま実現していくことでオープンな運営を実現しています。

画像元:NinjaDAOのdiscord https://discord.com/invite/GDNcENCrpt

関連記事:NFTって何ができるの? 具体的な使いみち(アート・投資・ゲーム)を初級者向け、中上級者向けに分けて徹底解説します。

どれくらいの爆上がりなの?

CryptoNinjaPartners のNFT販売数は2万2,222体です。最初は最低価格の250円ほどで販売していました。

ただ最初はNinjaDAOコミュニティーで貢献した方に最低価格の250円で販売し、その方たちはOpenSeaで二次転売で利益を得ています。

運営者としては、コミュニティーメンバーに貢献し、利益も与えています。マーケティング戦略も素晴らしいです。

このプロジェクトのメンバーがTwitterで投稿していくことでCryptoNinjaPartnersの価格もどんどん上がっていき、最高で200倍ほどの価格になったNFTもあります

OpenSeaもオークション形式を採用しており購入者も価格を上げることに一役を担っています。

はじめてのNFTが「CNP」の人も

はじめてのNFT

さらに面白い現象が、CryptoNinjaPartnersを知ったことで、初めてNFT作品を購入したというユーザーが増えていることです。

価格が安く購入できることもありますが、CryptoNinja Partners(CNP)購入者だけの特典があり、それは、ホルダー限定のDiscordチャンネルに入れることです。

可愛いキャラクターのNFTも購入できて、なおかつ同じNFTを所有しているコミュニティに参加できるというのも、人気が博している要因と思われます。

もっとも値上がりに期待して参加している方もいるとは思いますが、日本発のNFTコレクションとしては、最高のスタートを切りました。

関連記事:【インタビュー】ガラケー&小遣い6,000円からNFTの世界へ NFTは「前向きでチャレンジを応援してくれるやさしい仲間、新しい自分と出逢うためのチケット」

今後の展開ってどうなの?

今後の展開としては、7月17日の午前9時からは、CryptoNinjaPartnersの新たなシリーズ作品(CNPJ CryptoNinjaPartnersJobs)も販売予定です。

関連記事:「CNP」の次に来る「CNPJ(Cripto Ninja Partners Jobs)」を手に入れる 優先購入はCNP購入がコスパ良し

またCryptoNinjaPartnersの今後アニメ化やNFTゲーム化が予定されています。

アニメ化に関しては、「映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ」の映画版を手掛けた日本有数の制作会社「ファンワークス」がアニメ制作をする予定です。

Discordでのやり取りでは、キャラクターをグッズにしてイオンモールで売り出そうなどと提案しているスレッドもありました。

これからどんどん認知されそうなCryptoNinjaPartners。非常に楽しみなNFTシリーズです。