いま日本を、そして世界を席巻している国内発のNFTコレクションがあります。その名も「CryptoNinja Partners(クリプト・ニンジャ・パートナーズ|通称 CNP)」です。

日本でNFTの盛り上がりに火が付き始めた当初、いわゆるジェネラティブと呼ばれる大規模なNFTコレクションは日本では売れないと言われてきました。

しかし、そこは移り変わりの激しいNFT市場。ついに日本でもジェネラティブNFTアートの人気に火が付き始めました。その流れを作ったのがCNPです。

この記事では、NFTコレクションとしてのCNPの基本的な情報に加えて、他のコレクションには見られないCNP独自の要素についても解説します。

関連記事:【初心者必見】「Crypto Ninja Party!」の始め方・稼ぎ方を徹底解説~NinjaDaoにも所属し調査しました~

CNPとCryptoNinja

CryptoNinja

CryptoNinja公式サイト https://www.ninja-dao.com/

CNPには、制作の元となったオリジナルのNFTコレクションがあります。それが「CryptoNinja」です。

CryptoNinjaは、日本のNFT市場が勃興し始めた2021年9月、インフルエンサーの「イケハヤ」とクリエイターの「Rii2(リツ)」の手によって立ち上げられたコレクションです。

2022年6月現在、CryptoNinjaはリリース点数も非常に少なく、価格も高額なNFTコレクションとなっています。

CryptoNinjaの最大の特徴は、①二次創作やファンアートの作成が自由であること、そして②強固なコミュニティであるNinjaDAO(ニンジャダオ)が存在することです。

この2つの要素を踏まえて、CNPについて解説していきます。

関連記事:初心者応援NFT「CNPR(CryptoNinja Partners Rookies)」とは? 「どんなプロジェクトなのか」、「どうやって、いくらで買えるか」などNFTに詳しくない人でもわかるよう優しく解説

CNPはCryptoNinjaの公式ファンアート

画像元:CNP公式サイト https://www.ninja-dao.com/cnp

CryptoNinjaは二次創作やファンアートの作成が自由であり、誰でもCryptoNinjaのキャラクターを商用利用できるようになっています。

そして、CryptoNinjaのコミュニティであるNinjaDAOから生まれた公式ファンアートという位置づけで、CNPは誕生しました。

CNPは作品数が22,222点と、オリジナルのCryptoNinjaよりも遥かに多い数になっています。

これは、少しでも多くの人にNFTというもの自体を手にしてもらい、CryptoNinjaについて知ってもらうためです。

そのため、販売価格も0.001ETH(当時の価格で約250円)と非常に安価に設定されました。

加えて、CNPのマーケティング担当であるイケハヤ氏が自身の影響力を活かして、連日に渡りVoicyやTwitterスペース、ブログ、メルマガで告知を続けました。

その結果、CNPは2022年5月15日のリリース後、わずか1時間半程度で22,222作品がすべてを完売する偉業を成し遂げました

関連記事:「CNP」と「ベリロン」のコラボジェネラティブNFT「VLCNP」はミント価格の10倍以上に CNPは「カルピスの原液」のようなNFT

CNPはコミュニティから生まれたNFT

画像元:NinjaDAOのdiscord https://discord.com/invite/GDNcENCrpt

もう1つのCNPの特徴として、CryptoNinjaのコミュニティである「NinjaDAO」から生まれた点があります。

どのような業種においても、新しく商品やサービスを生み出す際には、会社という組織の中から作り出されることが一般的です。

ところが、CNPは会社というピラミッド型の組織ではなく、DAOによって生み出されました。DAOは自律分散型組織と呼ばれる、Web3時代を象徴するキーワードの1つです。

関連記事:NFTコレクション「CryptoNinja Partners(CNP)」が生まれたコミュニティ「NinjaDAO」の魅力

DAOに社長やリーダーはいない イケハヤ氏も所属員の1人

あくまでイケハヤ氏もコミュニティの所属員の1人であり、リーダーではありません

あまりにも新しい概念であるため、未だ「DAOとは何か?」という定義すら定まっていません。

ここでは「DAOとは何か」を細部まで突き詰める代わりに、一般的に語られるDAOの特徴の中で、CNPを作り上げたNinjaDAOにも明確に存在する要素について説明します。

それは、「社長がいない」という点です。

会社組織は必ず社長というリーダーが存在しますが、DAOには組織としてのリーダーはいません。

DAOの中で営まれている個々のプロジェクトに関するリーダーは存在しても、「わたしがNinjaDAOの社長です」というような存在はいません。

CryptoNinjaを立ち上げた1人、イケハヤ氏がコミュニティのリーダー、そして事業としてのCNPのリーダーでもあると誤解されることがあります

確かにNinjaDAOというコミュニティを立ち上げたのはイケハヤ氏ですが、あくまでイケハヤ氏もコミュニティの所属員の1人であり、リーダーではありません

また、CNPの事業においても企画、作品制作、広報、システム開発など様々な役割がある中で、イケハヤ氏は「マーケティング」を担当しているだけであり、プロジェクト全体について責任を負っているわけではありません。

今後、CNPをもとにさらなるファンアートとしてCNPJobsなどの新しいコレクションが作られる動きもあります。これらも、コミュニティ参加者の自発的な動きから生まれたものです。

決して特定のリーダーの指揮のもとで動いている事業ではない点が、NinjaDAOの大きな特徴であり、CNPにも当てはまるものとなっています。

関連記事:日本発の爆上がりNFT「CryptoNinjaPartners(CNP)」 コミュニティ(NinjaDAO)に入って感じた人気の秘密と今後の展開

CNPの価格推移 〜2週間で200倍?〜

画像元:https://opensea.io/collection/cryptoninjapartners

CNPは誰もが手にとりやすいようにと、リリース価格は0.001ETHに抑えて販売されました。

ところが、その後の価格は瞬く間に上昇。1週間で100倍の0.1ETH、2週間で200倍の0.2ETHにまで価格が上昇しました。

通常のジェネラティブNFTコレクションは、初動だけ盛り上がったあと、リリースから3日も経てば何もなかったかのように売買の動きが収まることがほとんどです。

ところが、CNPは初動以降も取引が止むことはありません。

本記事執筆時点ではリリースから約3週間が経ちますが、現在のフロア価格は0.235ETHまで上がり、OpenSeaのランキングでも常に100位以内をキープしています。

ファンアートとして作られたCNPですが、現在では海外投資家も含めて、投資リターン目的で売買する人も徐々に増えつつあります。

購入費用は5万円程度まで跳ね上がってしまったものの、長期的にはまだまだ価格は伸びる可能性があります。

CNPの購入を検討している方は、買いたいと思ったその時が、最も安い価格で買えるタイミングかもしれません。

関連記事:【私も当選しました!】初心者向けのNFT「CNPR」はどのようなコレクションなのか? どうやったら買えるのか? 初心者目線でわかりやすく解説します

まとめ

初めてのNFTはCNP

CNPは大きく価格が上昇したといえども、海外のNFTコレクションに比べればまだ割安です。

そして、これまでNFTを触ったことがない人の中には、「初めて買ったNFTがCNP」という人も多く見られます

NFTに興味はあるけれど、どの作品を買っていいかわからないという方は、ぜひ最初に手にするNFTとしてCNPを選んでみてはいかがでしょうか?

公式へのリンク:CNP@Opensea / CNP / CryptoNinja

関連記事:22,222体のNFTが即売したCriptoNinjaPartnersとは? CNPのプレセールに参加して購入しました