2022年8月4日〜8月28日の間、NFTを体感できるイベント「Non Fungible Chronicle」が開催されます。

名古屋のリアル会場とDecentraland上のメタバース会場の両方が用意されており、初心者も気軽に参加できるようになっています。

今回はそんなNon Fungible Chronicleについて紹介します!

関連記事:NFTって何ができるの? 具体的な使いみち(アート・投資・ゲーム)を初級者向け、中上級者向けに分けて徹底解説します。

NFTを体感するイベント:Non Fungible Chronicle

Non Fungible Chronicleイベント

Non Fungible Chronicle公式サイト:Non Fungible Chronicle

Non Fungible Chronicle (ノン ファンジブル クロニクル)はリアルとバーチャルが連動するイベントです。

NFT作品の展示だけでなく、NFTアーティストによるトークショーや参加型のチャリティイベントが行われ、初心者の方もNFT・メタバースにすでに触れている方も新たな楽しみを見出せる催しとなっています。

夏休み中なので、お子さんや家族と一緒に遊びに行くのもいいですね!

リアル会場とメタバース会場の両開催

Grande Souche Kamiyashiro

画像元:Non Fungible Chronicle

【リアル会場】 『Grande Souche Kamiyashiro』

〒465-0025 愛知県名古屋市名東区上社3-1703

【メタバース会場】『Decentraland』

リアル会場は名古屋の音楽マンション・グランドズーシュのギャラリースペース。リアル会場へ参加するには入場チケットの購入が必要です。

また、「イベント協賛NFT」が発行されており、NFTを購入した場合はリアル会場への入場チケットがエアドロップされます。

メタバース会場には専用の区画が用意され、5階建てのお城が建築されています。

お城の中には200以上のNFT作品が展示されており、フロアごとに異なるコンセプトを楽しみながら会場を巡ることができます。

リアル会場で体験できること

名古屋のリアル会場では広々とした空間を使って、NFTの世界を心ゆくまで体験することができます。

会場の展示構成

名古屋のリアル会場

公式ツイッターより引用

リアル会場は1階と2階が展示スペースとなっています。

会場は7つの展示ゾーンに分かれており、それぞれ特徴豊かな展示を楽しむことができます。

関連記事:「NFT ART TOKYO」は2000人来場で大盛り上がり NFTアート×オフラインが秘めている大きな可能性

開催予定の参加型イベント

参加型モザイクアートのチャリティオークション

参加者一人ずつ絵を描き、それらを組み合わせてモザイクアートを作るイベント。完成したモザイクアートはNFT化し、チャリティーオークションに出品されます。

画像元:Non Fungible Chronicle

皆で楽しみながら NFTに触れることができるイベントです。

一般募集したNFT作品の展示・紹介

国内外のNFT アーティストが制作したNFTアートが展示されます。作品は一般公募で募集されており、今後注目のNFT作品を鑑賞することができます。

NFT鳴門美術館(共催)からの出展

徳島県鳴門市にあるNFT展示を行う美術館「NFT 鳴門美術館」の作品をリアル会場では鑑賞することができます。

出展アーティストや学生Web3団体によるトークショー・座談会

NFTアーティストがどのように作品を生みだしているのか、アーティスト活動のリアルなどを直接聞くことができるトークショーや、 Web3に強い興味を示す学生団体の座談会が予定されています。

関連記事:【千葉県 検見川神社】「お守り」がNFTに 「ウォレット安全守」「詐欺除御守」「フロアプライス下落時除守」も 「日本文化を世界に」の古事記projectと共同で

バーチャル会場で体験できること

画像元:Non Fungible Chronicle

Decentralandの会場では、リアルでの開催地・名古屋にちなんで名古屋城が建築されています。

中は5つのフロアからなるギャラリースペースとなっており、各フロア毎にコンセプトに沿った展示スペースが用意されています。

開催期間中はリアル会場と連動したイベントも予定されており、リアルでもバーチャルでも変わらぬ楽しみを味わうことができるでしょう。

フロアコンセプト

1階「祭り

3階「御殿」

4階「花魁」

4階「茶室」

5階(天守閣)「侍」

展示しているNFTのアーティストはこちらから確認することができます。

まとめ

Non Fungible Chronicleは、ますます拡大していくNFTの世界を心ゆくまで楽しめるリアルイベントです。

名古屋のリアル会場のみでなくPC上のバーチャル会場からも参加することができるので、この夏、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

名古屋市名東区にお住まいの方々は、8月4日(木)に限り、無料でご入場いただけます。詳細ご確認ください。

Non Fungible Chronicle公式サイト:Non Fungible Chronicle