「NFTを始めてよかった…!!」

NFT投資をしたりNFTコミュニティに参加したりして、そう思うようになりました。

この記事の筆者は、仮想通貨やNFTゲームの情報収集を継続していましたが、NFT投資の魅力に気づいてからNFTに重心を大きくうつしています。

そこで今回は、なぜ僕がNFTに沼っているのか言語化して解説しました。

過去の自分と同じように「仮想通貨やNFTゲームへの投資はしているけど、PFP系(プロフィールアイコン)のNFTは買っていない…」

という方に向けて「NFT投資が面白いことになっている…!!」と伝えるつもりで記事を執筆しています。

関連記事:NFTって何ができるの? 具体的な使いみち(アート・投資・ゲーム)を初級者向け、中上級者向けに分けて徹底解説します。

NFT投資沼にハマった4つの理由

結論は、以下の4つです。

  • シンプルに稼げる!
  • 時代の最先端を走っているようで気分がイイ!
  • 情報収集が簡単!
  • 事業が成長していく様子を間近で見られる!

1つずつ解説していきます。

1. シンプルに稼げる!

稼いでいる男性

NFT投資は、稼ぎやすいです。

最低販売価格が0.001ETHと決まっているため、0.001ETHでリリースされるNFTを買えば勝ちが確定しています。

NFTは、金銭的な魅力があることはあまり語られていない印象です。

「NFTはコミュニティがあるから楽しい…!!」と言う人は多いですし、僕もその気持ちはわかります。

しかしながら、楽しさの根底には「自分の持っているNFTの価値が上がっている」ことが大前提にあるはず…!!と僕は思っています。

資産が減っているにもかかわらず活動を続けていくのは精神的にストレスがかかるし、消耗するからです。

現在のNFT市場では、

  • 0.001ETHでリリースされるNFT
  • ファウンダーの影響力が高いNFT
  • 供給量が絞られているNFT
  • 新規NFTユーザーを増やせるNFT

上記のような、価値が上がるNFTの共通点があって簡単に上昇するNFTコレクションを見分けられます。

NFT沼にハマる理由の前提には、「NFTが稼ぎやすいこと」があります。

関連記事:「NFT転売」はぶっちゃけ稼げる? 初心者でも損しない「激安ミント」が狙い目 実際に購入価格の18倍、290倍の利益が出た私の例を紹介

2. 時代の最先端を走っているようで気分がイイ!

時代の最先端

僕のとてつもない個人的な感情ですが、NFTを持っているだけで時代の最先端を走っている気がして気分がイイです…ww

現在、日本のNFTユーザー数は、7,000人~1万5,000人と推定されています。

日本の人口が1億2,000万人なので、NFTを持っている人の割合は、約0.01%程度しかいません。

今NFTを持っている人は、イノベーター理論でいうところの「イノベーター」に分類されます。

イノベーター理論

引用:https://www.utokyo-ipc.co.jp/column/innovation-theory/

イノベーターの中に自分がいると思うと、謎の優越感を感じます。(笑)

「はよ、時代が俺に追いついて来ないかな~」という状態です…w 気分が良いですね…w

関連記事:【インタビュー】ガラケー&小遣い6,000円からNFTの世界へ NFTは「前向きでチャレンジを応援してくれるやさしい仲間、新しい自分と出逢うためのチケット」

3. 情報収集が簡単!

情報取集が楽

執筆時点(2022/09/30)でNFT界隈で盛り上がっているのは「国産NFT」です。

国産NFTは日本語で情報収集ができるため、言語のストレスがまったくありません。

長年、仮想通貨の海外情報を追っていた僕の内心としては「日本語最高ーーーー!!!」といった感じです…w

もしかしたら「国産のNFTに将来性はあるの?」と思う方がいるかもしれませんが、僕は海外NFTよりも国産NFTの方が将来性が高いと見ています。

理由は、以下2つの理由です。

  • 海外NFTは短期トレーダー向けのものが多く事業化する気がない
  • キャラクタービジネスは日本の得意分野だから

仮想通貨の時価総額トップ10に入っているソラナの共同創設者は、「次のマーベルやディズニーは、NFTから生まれる」と予想しています。https://coinpost.jp/?p=390856

日本人なら、ポケモンやドラえもんのような世界的に通用するキャラクターが作れる可能性が高いです。

情報収集が簡単にできるのも、NFT投資の魅力の1つです。

関連記事:日本NFT界のトップ集団「NFT Marketing Orchestra(NMO)」をチェックすれば最先端の情報収集が可能 高額NFTを購入せず無料で利用する3つの方法

4. 事業が成長していく様子を間近で見られる!

成長を見れる

一般的に、NFTコミュニティはディスコードで形成されており、事業が出来ていく様子がすべて公開されています。

また、自分もディスコードに参加して意見を言うことができます。

NFTコミュニティに入った状態で、仮想通貨に投資をしていた時のことを考えると「運営との距離はかなり遠かったな…」と思い返してしまいます。

実際に、運営に対して「もっと〇〇してくれよ…!!」と感じた方は、多いでしょう。

海外のプロジェクトだと、日本語対応のコミュニティマネージャーが「OK」みたいな返事をくれるものの、運営まで声が届いているかわかりません。

一方で、NFTコミュニティでは運営に直接声を届けられます

「もっとこうして欲しい」という提案が通らなかったとしても「こういう事情でそれはできない…」と言われたら、人間は納得できますよね。

コミュニティ内で事業が成長していく様子を生で見られるのが、NFT投資の魅力の1つだと思います。

関連記事:NFTコレクション「CryptoNinja Partners(CNP)」が生まれたコミュニティ「NinjaDAO」の魅力

まとめ

仮想通貨より稼ぎやすい

今回は、実体験を元にNFT沼にハマった理由を解説しました。NFTには、仮想通貨やNFTゲームとは違う面白さがあります。

また、国内のNFT産業は成長段階にあるため、不況の影響を受けている仮想通貨よりも稼ぎやすいです。

NFT投資をやってみようか悩んでいる方は、思い切って参加してみることをおすすめします。