今回はジョブトライブスで稼いだDEP(DEAPcoin)を日本円に現金化する手順を解説していきます。

やはりちゃんと出金できることを確認してから本格的にゲームに投資した方が良いですよね。

という私、実はまだDEPを現金化したことがありません(笑)

今回初となりますが、その分、初現金化の読者と同じ目線で解説できると思います。

今回の作業は全てPCで進めております。スマホでもできなくはないですが、操作がややこしかったり間違いを防止するため、PCからやることをお勧めします。

関連記事:ジョブトライブス(jobtribes)の稼ぎだけでFIREは可能か? 「レジェンダリーNFTデッキ」で現実的にいくら稼げるか、HARD5に勝てるデッキ構築費用を公開

DEPを日本円に現金化する手順

① PlayMining>My WalletからDEP残高を確認

PlayMiningプラットホーム

まずはPlayMiningのプラットホームへ行き、ログインします。

ログインが完了したら、画面右端の人の形のボタンをクリックして、「My Wallet」をクリック。

My WalletからDEP残高を確認

すると現在の保有DEPの残高が表示されます。

DEP残高を確認

今回は1万DEPを出金してみることにします。

関連記事:【ジョブトライブス】初心者は最初に何をやればいい? 優先してやるべきはこの3つ ホーム画面の見方と序盤の効率的な立ち回り方を解説

② 試しに1DEPを出金してみる 手数料にも注意

送金ボタン

送金ボタンを押します。

そうすると「認証コードの取得」を要求されます。

ここは悪い人に勝手に引き出されないよう、きちんとセキュリティ対策していて安心ですね。

認証コードを求められる

登録電話番号あてにショートメッセージで6桁の認証コードが送られるので、確認してそれを入力します。

電場番号認証

認証コードを入力すると、送金情報の入力を求められます。

送金先のウォレットアドレスと送金額を入力してください。

送金額は今回は1万DEPにします。

ここで注意していただきたいのは、出金には850DEPの手数料がかかる点です。けっこうかかりますね。

あまり頻繁に出金をすると、送金手数料が大きくかかり、もったえないことになりそうです。

送金情報の入力

送金先のウォレットアドレスは取引している仮想通貨口座から探します。

私は「OKコイン」というところを使っています。

ここを使っている理由は「取引所」があり、DEPを安く買えるためです。

最初は「取引所」がなく、「販売所」のみのところでDEPを購入したところ、かなり多くの手数料を取られてしまいました。

DEP扱っているところで、かつ、「取引所」のあるところを使うようにしてください。

今回、私のOKcoinの例だと、左から「暗号資産入庫」をクリックし、暗号資産は「DEP」を選択します。

OKcoinの入金画面 DEPを選択

そうすると、DEP入金用のアドレスが表示されるので、これをコピーしてPlayMiningの「送金先のウォレットアドレス」に張り付けます。

この際、手でアドレスの端から端までをなぞって右クリックでコピーするより、「アドレスをコピーする」というボタンを押してコピーした方が確実で間違いがないですよ。一文字でもコピー間違ったら届きません。

OKcoinの入金画面 入金用アドレスを表示

今回、はじめての出金なので、念のため1DEPを送って、問題なく着金するか確認します。

手数料の850DEPはかかってしまいますが、1万DEPいきなり送金して届かなかったら悲しいですからね。

1DEPを送金してみる
送金完了

しばらくしてOKcoinの口座を確認すると、問題なく1DEPが到着していることを確認できました。

OKcoinで1DEPを確認

この「しばらく」というのは、場合によっては1時間ぐらいかかることもあるので、すぐに到着しないからと言って焦らないようにしましょう。

関連記事:ジョブトライブス(jobtribes)で初心者が選ぶべき最強「スキル」BEST5 NFTクエストやPvP戦で勝てるNFTカードを選ぶならこのスキル持ちを選べ!

③ 1万DEPを送金

先ほどの②で解説した送金ボタンを押して認証コードを取得するところから再度やりなおし、今度は1万DEPを同じ仮想通貨口座に送金します。

手数料850DEPが乗ってます。高いですね…

1万DEPを送金

無事に着金しました。事前に1DEPで確認していたので安心して送金できました。

1万DEP着金の様子

現在1DEP=0.7円なので、資産総額約7000円は正しいですね。

④ 送金したDEPを日本円に現金化

1万DEPを入金口座から取引口座に移します。面倒ですが、仮想通貨は入金口座と取引口座があり、取引するには取引口座で行う必要があります。

入金口座から取引口座へ

「取引所」で1万DEPを日本円(JPY)に交換します。「販売所」ではなく「取引所」で行うことが大事。

DEP/JPYを選び、成行注文(今の価格で売る)で持っている全てのDEP、1万DEPを売却します。

その後、7000円を入出金口座に移します。

入出金口座に7000円

関連記事:【ジョブトライブス】手動バトルで勝率を上げる攻略法 AUTO(自動)で勝てない時には「借金」「サポートスキル」をこのタイミングで使ってみよう

⑤ 日本円を自分の銀行口座に振り込み

私はSBIネット銀行を使っているので、そちらに振り込みます。

日本円出金画面

ここで見て頂きたいのですが、7000円送金しようとしたら、6600円の送金になっています。

あれ?減ってる!と思ったら、入金手数料400円が引かれていました。

ここまで2回手数料がかかっています。850DEP(595円)+400円で約1000円 これは地味に痛いですね。

⑥ 現金での受け取り完了!

着金完了

SBI銀行での着金を確認できました!これでDEPの現金化完了です。

まとめ

実際、今回私も初めてのDEP出金、自分の銀行口座への送金作業でした。

やってみてまず感じたのは、他のNFTゲームより日本円での着金が楽だったこと。

よく他のNFTゲームだと、一度仮想通貨を海外の仮想通貨口座に送って、それをビットコインなどに変えて、それをまた日本の仮想通貨口座に送って、そこで日本円に変えてから銀行口座へという面倒な流れが発生しますが、DEPに関しては取り扱いある国内の仮想通貨口座を使うと1手間が省けて楽ですね。

PlayMiningから出金して銀行口座に着金されるまで30分以内でいけました。

もう一つ感じたのは、合計手数料に1000円もかかったこと。

これは他のNFTゲームでもかかってくるので仕方のないことかもしれません。

この金額がどのくらい気になるかは人によると思いますが、給料日のように月1回行うと、毎回1000円減ってしまいますので、ある程度頻度を考えた方がよさそうと思いました。

また、スマホにショートメールで認証番号が来るなど、セキュリティに関する作業が続くので、バタバタしている時や出先ではなく、ある程度落ち着いた静かな時に行うのが良さそうです。

実際に出金手続きをやってみると、より安心してゲームに取り組めますね。

関連記事:ジョブトライブスのNFTをクレジットカードで買ってみた!手順を解説 2月8日までは30%分DEPバックのキャンペーン中

ジョブトライブスの記事一覧はこちら