出典:プロデューサーレター_2023(公式サイト)

2023年1月12日に運営より「プロデューサーレター_2023」が届きました。

今後の開発ロードマップなど、ジョブトライブスが今年どうなっていくのかが書かれています。

ジョブトライブスのレジェンダリーNFTデッキを持ち、PvPランキング100位以内にも入った筆者が、今までの経験を全力投入してここに書かれていることを分析していきます。

今後、どうすればもっと稼げるようになるのか? 今後どういう稼ぎ方が出てくるのか? 注意すべきポイントは何か? 勝手に予想していきます。予想が外れても恨まないでくださいw

関連記事:【ジョブトライブス】初心者は最初に何をやればいい? 優先してやるべきはこの3つ ホーム画面の見方と序盤の効率的な立ち回り方を解説

「プロデューサーレター_2023」を読んでみた

今回のニュースレターは「JobTribesプロデューサーチームの谷川さん」の挨拶文から始まっています。

この挨拶文が、通り一辺倒のものではなく、谷川さん自身の言葉が詰まっていて、彼の想いが伝わってくる感銘をうける内容だったので、まずここから紹介します。

谷川さんはDEA社HPの役員一覧ページにいる方ではなく、JobTribes通信を書かれている谷川 承慶さんなので、おそらく運営の実務的なところを担当している方と思われます。

2020年のβ版から始まり、JobTribesは今年で3周年を迎えようとしています。

考えてみれば、半年~1年と短命で消えていくNFTゲームが多い中、3周年を迎えようとしているというのは凄いことです。息が長く信頼がおけるゲームであり、運営体制があるということですね。

JobTribesは暗号資産を稼ぐことができるゲームであり、これまでのWeb2にはない体験価値を提供しておりますが、どこか作業的な部分や、仮想通貨を稼ぐことだけが目的になってしまっていないかなど、ゲームとしての根本的な課題が多くございます。

高難易度のクエストの攻略法を考えたり、ゲーム仲間と協力して強大な敵を倒したり、PvPで負けて、悔しくて台パンしたりするような、そんなゲーム本来の楽しさ、思い出のきっかけをお届けしたい、更に獲得できるDEPの価値向上に向け、ユーザーコミュニティと運営が一丸となりJobTribesというゲームを作り上げ、常にアップデートしていくような、これまでのゲームでは成しえなかった、NFTゲームだからこその体験価値をお届けしたいと考えております。

「台パン」って言葉、普通こういう公式のレターには書かれていない言葉ですよね。面白いです。

「台パン」って知らない方もいると思いますので、解説すると、「ゲームで怒りを感じた人がゲーム筐体などの台を叩くこと」です。

台パン

出典:P-Summa

ゲーセンでこれをやったら怒らるので、やってはいけません。スマホやゲーム機は大切にしましょう。ただ、ものすごくゲームに熱中している状態ということを言いたいのでしょうね。

NFTゲームが長く続くには、稼げるという要素以外に、稼げなかったとしても、そのゲームをそれでも続けたいほどそのゲームが楽しいと思えるかが重要とよく言われます。

ジョブトライブスはゲーム初心者にもやさしく、誰でも気軽にプレイできるゲームですが、その分、谷川さんがおっしゃっている通り、ゲームのやりこみ要素にはまだまだ伸びしろがあります。

谷川さんの「どこか作業的な部分や、仮想通貨を稼ぐことだけが目的になってしまっていないか」には私も心当たりがあります。

私は毎日レジェンダリーNFTクエストを「オート(自動)」で楽にHard5までをクリアしてDEPを稼いでいます。それ以上のSuperHardには勝てないとわかっているので、Hard5までをクリアする。

PvPなどが開催されていない時は、これだどこか作業的になっているところは確かにあるな…と思いました。

コミュニティ活動や、ユーザーの皆様が参加できるイベントなども企画予定ですので、是非、引き続き皆様のご意見をいただけますと幸いです。

上記の他に「ゲーム仲間と協力して強大な敵を倒したり」「ユーザーコミュニティと運営が一丸となりJobTribesというゲームを作り上げ」とも書かれていますね。

今まで他のプレイヤーとはPvPで戦うということしかありませんでしたが、今後は協力したり、コミュニティを重視した戦い方、稼ぎ方になってくるのかもしれませんね。

Q2以降の開発ロードマップを見ると、「フレンド機能」があり、ジョブトライブスの仲間を作ることも楽しみであり、また自分の戦力の一つになるでしょう。

それであれば、今のうちに何かしらのコミュニティに参加しておく方が、よりジョブトライブスで楽しめたり、稼げる可能性はあるのではと思います。

関連記事:ジョブトライブス(jobtribes)で初心者が選ぶべき最強「スキル」BEST5 NFTクエストやPvP戦で勝てるNFTカードを選ぶならこのスキル持ちを選べ!

JobTribes開発ロードマップ

2月アップデート詳細

2月アップデート詳細

プレミアム求神

現在、NFT職業神を獲得するにはマーケットで買うか、既存の1000~10万のDEPを消費してランダムなNFTを得られるガチャ的な「NFT!Gotta get’em all!」の2つです。

「NFT!Gotta get’em all!」との差別化のためにも、「NFT!Gotta get’em all!」よりも強力でプレミアム求人でしか出ないレアなNFTが出る可能はありますね。

現在の求神はレシピ通りに石を投入すると、狙った職種が出ますので、プレミアム求人もある程度職種を狙えるようになるのかもしれません

在、NFTの課題としては、マーケットの流通量が少ないというのがあると思います

欲しいNFTが決まっている人にはなかなか手に入らない状況なので、欲しいのが決まっている場合はプレミアム求人で、そのNFTが手に入る可能性が高まるかもしれませんね。

もしくは「NFT!Gotta get’em all!」と差別化できない時は、プレミアム求神開設にともない「NFT!Gotta get’em all!」を閉鎖する可能性もあると思います。

迷宮クエスト

報酬としてNFTが獲得できるというのは魅力的ですね。

スカラーの人もスカラーを卒業して自身のデッキでNFTクエストをできる日が近づく可能性があるわけです。

このクエストを設ける狙いは、ずばり、「いつものデッキ6体だけでなく、もっとたくさんの職業神、アミュレットを所有して育成してもらうこと」にあると思います。

現状、いつも戦う1デッキの6体のみ所有してそれをメインに強化し、その強化が終わったら次にやることがなくなっているユーザーもいると思います。

逆にいうと、いつも使う1デッキの6体以外を強化しても、今のところメリットはないんです

「特定のレアリティや属性のみが」「育成状況が鍵となる」ということから、私の予想としては、レジェンダリーのカードのみが参加できるステージや炎属性のみが参加できる炎ステージなどが出てくると思います。

もしかすると、迷宮を進んでいくには、手持ちのアミュレットの総力戦になり、1日1回手持ちのアミュレットが全てやられるまで迷宮ダンジョンの奥深く進めるという内容だと面白いなと思っています。

そうすると、いつも使う6体以外のカードも強くしていく必要がでてくるわけです。

関連記事:ジョブトライブス(jobtribes)の稼ぎだけでFIREは可能か? 「レジェンダリーNFTデッキ」で現実的にいくら稼げるか、HARD5に勝てるデッキ構築費用を公開

3月アップデート詳細

3月アップデート詳細

新タイプ ANOTHER

この情報では予想が付きませんが、非常に楽しみですね。

個人的な予想としては、期間限定で強い能力を発揮するタイプの職業神ではないかと思っています。

たとえば、卒業シーズンや桜の季節のみ攻撃力が大きく高まるスキルを持っているカードです。

もしくは、歯医者や内科医師など近い職業が複数名いる場合にその職業神の力をアップするような、特定条件で仲間のスキルを大きく上げる特技を持つ職業ではないかと予想します。

はたまた、ANOTERということから、職業ではなく、無職のような他の職業に変化する可能性のあるタイプではないかと思います。

新PvP

回数性になり、モニタやスマホに張り付かなくてよくなる…というのは安心しました。

今までは、PvPのために回復ドリンクを貯めておいて、PvPで上位を取るには終了間際には寝る時間を惜しんで戦っていましたが、徹夜組が有利にならないよう公平になるようですね。

実力の近いユーザーとマッチングということを考えると、ジョブトラ運営のDEA社が持っている他のゲームである麵屋ドラゴンのように、戦力によってクラスを分けたり、上位の報酬を豪華にする可能性はあると思いました。

パネルミッション

どんなミッションが出てくるか楽しみですね。

パネルミッションの狙いは、運営の求める行動をユーザーに取ってもらうためと思います。

運営が今後進めたいのは、コミュニティやチームワークを活用してのさらなるジョブトライブスの盛り上がり。

それなら、例えば、友達とジョブトライブスのカードを交換したり、コミュニケーションを取ることでミッションクリアになるようなことを求めてくるのではと予想します。

関連記事:面白すぎる!ジョブトライブス職業神の「スキル名」11個 運営の職業神への愛情に想いを馳せながらスキルを使うのはゲームの醍醐味の一つ

仲間とともに楽しむジョブトライブスへ

Q2以降の開発ロードマップ

Q2以降の開発ロードマップを見てみましょう。

とても楽しみな開発が目白押しですが、やはり私にはプロデューサーレターの挨拶にあった通り、「仲間と一緒に楽しむことで「台パン」するほど熱狂できるゲームにしたい」というのが見えてきました。

それに該当する具体的なアップデート予定としては以下です。

フレンド:他のユーザーをフレンドとして登録できるシステム。フレンドのみに行える機能も追加。

ユニオン:ユーザー同士が集まりチームとなれるシステム。ユニオン用のコンテンツも用意。

レイドバトル:他のユーザーと共闘して強いボスと戦う。

今後、ジョブトライブスは仲間とフレンドになったり、チームを組んで一緒に戦ったり、仲間とジョブトライブスを共有してコミュニケーションすることで、より楽しめて、より稼げる世界になっていくのではないかと思います。

今後のジョブトライブスをより楽しむ、より稼ぐためのキーワードは「コミュニケーション」です。

今回のレターを見て、ジョブトライブスが益々盛り上がっていくのは間違いないなと思いました。

関連記事:ジョブトライブスの記事一覧