ここ数年で人気を集めているエグリプトは日本の企業である「株式会社Kyuzan」が開発したスマホで遊べるNFTゲームです。

NFTゲームとはブロックチェーン技術を使ったゲームで別名「遊んで稼げるゲーム(Play To Earn)」とも呼ばれ近年、全世界で大注目のゲームです。

中でもエグリプトは日本のNFTゲームでトップクラスの人気があり、ユーザー数は60万人を超えています。

  • 遊んで稼げるってどういうこと?
  • それって、あやしくない?


初心者
むけ

Play to Earnってなに?
始め方、損しない方法

リンク先:https://nftimes.jp/2022/08/play-to-earn/

エグリプトってどんなゲーム?

出典 エグリプト

国内で大人気のエグリプトとは一体どんなゲームなのかご紹介します。

エグリプトとは卵を孵化させたり、ガチャで集めたモンスターを育成し、育てたモンスターでクエストを攻略するゲームです。

モンスターの種類は300種類以上を超え、可愛いモンスターがたくさん存在します。

中でも、「レアモンスター」と呼ばれるモンスターは全プレイヤー内での入手可能な総数が決まっており、このレアモンスターの入手がエグリプトで一番重要となります。

基本的な操作やプレイ方法はシンプルでほかのスマホゲームとほとんど変わらないモンスター育成型のゲームです。

エグリプトの始め方

出典 エグリプト

エグリプトはNFTゲームでありながらも初心者でも簡単に始めることが可能です。

NFTゲームと聞くと「仮想通貨取引所への登録や連携が必要」だったり「初期費用がかかる」と言うイメージがあると思います。

ところがエグリプトでは、初期設定ではこれらの設定が一切不要でアプリのインストールのみで遊ぶことが可能です。

エグリプトが国内で人気を集めている理由はこのように初心者でも簡単に始められる点です。

後ほど解説しますが、エグリプトで稼ぐためには取引所への登録が必要となります。

レアモンを入手することで遊びながら稼ぐ事が可能。

出典 エグリプト

エグリプトをプレイする上で最も「重要」なのがレアモンスターです。

このレアモンスターは6時間に1回孵化する卵もしくは、クエスト中に低確率でドロップする事で入手可能です。

そして入手したレアモンスターを売買することが可能となっており、レアモンスターを売買することで収益が発生すると言った仕組みとなります。

なのでエグリプトはこのレアモンスターを売買しない限りは仮想通貨取引所への登録や連携設定が無くても遊ぶことが可能となっています。

エグリプトは稼げるゲーム?

初期費用なしで遊べるエグリプトは本当に稼げるのでしょうか?

答えは、稼ぐ事はほぼ出来ないです。

ではどうして稼げないのでしょうか?

理由は2つあります。

1つ目はレアモンスターの入手確率が低すぎる点です

エグリプトで稼ぐためにはレアモンスターの入手が必要ですが、その入手確率が0.001%以下と言う絶望的な確率です。

6時間に1回孵化する卵又は、クエストの約10万回に1回当たるか当たらないかぐらいの確率です。

ですので、エグリプトをプレイし続けていれば当たる可能性はありますが、稼ぐためにプレイするのは現実的ではありません。

2つ目は、国内での取引量が少ない点です

日本ではNFTゲーム含めNFTデータを取引する人口が少ないためレアモンスターを出品しても買い手がいないのが実情です。

まだまだ国内ではNFTや仮想通貨に対する興味を持つ方が少なく、価値が低い傾向にありますので仮にレアモンスターを入手したとしても買い手が見つからない状態です。

ただ、高価ものでは、0.5ETH(イーサリアム)・日本円で約15~20万円で取引されていると言ったケースもあります。

こういった理由より現状ではエグリプトは稼げないゲームと言われています。

エグリプトは簡単に始められるNETゲームだが稼ぐのはまだまだ難しい

エグリプトはNFT初心者でも簡単に無料で始められると人気のゲームです。

ですが、まだまだ国内での普及率や取引数は少ない現時点では稼げるNFTゲームとは言い難いです。

NFTゲーム業界自体がまだまだ発展途上の業界なので今後のアップデートでもしかしたらもっと稼ぎやすくなったりする可能性はあります。

なので現時点では無料でゲームをプレイしつつレアモンスターが当たったらラッキーぐらいで楽しむのが良さそうです。

エグリプトはユーザー数も多く国内で人気上昇中のNFTゲームなので今後に期待ですね。