MetaBombはNFTヒーローが敵を爆弾でやっつけていくP2Eプロダクトです。

難しい操作などはなく、NFTヒーロー(ボンバー)をマーケットプレイス等で購入して、ゲーム開始ボタンを押すだけでプレイできます。

いわゆる放置系ゲームと呼ばれる分野で、デスクワークの片手間にできるP2Eとして人気があります。

  • 遊んで稼げるってどういうこと?
  • それって、あやしくない?


初心者
むけ

Play to Earnってなに?
始め方、損しない方法

リンク先:https://nftimes.jp/2022/08/play-to-earn/

MetaBombの始め方

MetaBombはBSC(バイナンススマートチェーン)で開発、リリースとなります。プレイ開始にはBSCを追加したメタマスク、ガス代の$BNBが必要となります。

NFT購入にはゲーム内トークンである$MTBが別途必要となります。MetaBomb開始プロセスは以下の通りです。

  1. BSCを追加したメタマスク、$BNB準備
  2. $MTB購入
  3. ウェブサイト接続
  4. NFTヒーロー購入
  5. P2E開始

関連記事:第2のボムクリプト 「Minera land(ミネラランド)」を解説 放置系なのに飽きさせない仕組みやストーリー

1. BSCを追加したメタマスク、$BNB準備

プレイ開始準備として、BSCを追加したメタマスク、$BNBがガス代として必要となります。

2. $MTB購入

$MTBはパンケーキスワップ等でゲットします。$MTBを使ってNFT購入、レベル上げなどを行います。

3. ウェブサイト接続

公式ページ:https://metabomb.io/ にアクセスします。Dapp(分散型アプリケーションソフト)にウォレット接続します。

4. NFTヒーロー購入

まずはマーケットプレイスでNFTヒーロー購入します。

他にもNFTヒーローをゲットする方法としてヒーローボックスを開ける、ゲームプレイ中に手に入ったチェストを開けるなどのやり方があります。

セール/エアドロップなどでボックスが手に入らなかった場合は、マーケットプレイスでの購入になると思います。

5. P2E開始

ゲームモードを選択してP2E開始となります。当初はチェストファームでのプレイのみとなります。

関連記事:時間がなくても大丈夫!「放置OKなP2Eゲーム」5選 それぞれのゲーム概要と必要な初期投資費用を一覧にまとめました

MetaBombの稼ぎ方

MetaBombで稼ぐ通貨は$MTBです。$MTBはNFTヒーロー購入の他、レベルアップなどに使用できます。MetaBombの稼ぎ方は以下の5つです。

  1. チェストファーム
  2. ボスハント
  3. アリーナバトル
  4. PVP
  5. トーナメント

1. チェストファーム

ファームにヒーローを送り、爆弾でチェスト(宝箱)を壊していきます。一度に送れるヒーローは5体までとなります。

プレイヤーは特に操作する必要がなく、放置ゲームとなります。ヒーローの体力がなくなると自動的に休止します。

2. ボスハント

5体のヒーローでボスと戦います。ボスに与えるダメージが大きいほど報酬も多くなります。ボスには属性があり、的確なヒーローを当てることで攻撃効果は最大化します。

3. アリーナバトル

他のプレイヤーとアリーナで対決します。エントリーは無料ですが、リーダーボード上位にならなければ報酬はありません。日次ランキングと月間ランキングがあります。

4.PVP

1体、もしくは2体で他プレイヤーと対戦します。 対戦料金を事前に払います。報酬は勝てば貰えますが、負けたら貰えません。

5. トーナメント

毎週開催されます。報酬の詳細は不明です。

関連記事:【盆栽NFTゲーム】木を育てて収入を得る「Spring Game」は放置でどれぐらい稼げる? 初期費用、始め方、遊び方も解説

まとめ

放置ゲームの良いところは何と言っても仕事/作業の合間にできるということです。PCを使用した仕事の方は画面のわきに開いておけばいいだけですので、割のいい副業となります。

気になった方はぜひ「MetaBomb」チェックしてみて下さい。