こんにちはロックスターです。今日は放置系ゲームMetaKeeperがどれくらい稼げるかをお伝えします!

  • 遊んで稼げるってどういうこと?
  • それって、あやしくない?


初心者
むけ

Play to Earnってなに?
始め方、損しない方法

リンク先:https://nftimes.jp/2022/08/play-to-earn/

MetaKeeperってどんなゲーム?

MetaKeeper

公式サイト:https://metakeeper.io/

MetaKeeperは2022年5月にリリースされたばかりのブロックチェーンゲームです。ネットワークはBNBチェーンを利用します。

ゲームを開始するために、Keeperというキャラクターをガチャしてゲーム内に放置します。推奨Keeperは15体です。

タバーンというKeeperを休ませる施設も、有料のほうが効率よくKeeperを稼働させることができます。Keeperには、コモン、レア、エピック、レジェンド、ミシックの4種類があります。

基本的にはキャラの性質がゲーム内で支配できるかと言えば、そうでもありません。レアを持っているより、コモンKeeperを15体所有した方が、効率よく稼げます

2時間に1度は状況を確認する必要がありますが、基本的に放置するだけでゲーム内トークンであるMKPコインは稼げる仕組みとなっています。

MKPコインは6月中旬までは、15円ほどで取り引きされていました。記事掲載時の6月21日には1MKP=5円となっております。(CoinMarketCamp)

関連記事:時間がなくても大丈夫!「放置OKなP2Eゲーム」5選 それぞれのゲーム概要と必要な初期投資費用を一覧にまとめました

きっかけは知人の紹介

きっかけは友人の一言

現在最も稼げると言われているMetaKeeperです。自分はSTEPNで稼ぐことしか考えない健康オタクの面もあり、参入するのに躊躇っていました。しかし知人が発した衝撃の一言で考えが変わりました。

「MetaKeeperは、1日1万円は稼げますよ!もうすぐ原資回収できそうです。なんで参入しないのですか?」

この言葉でグラついたのを覚えています。他のブロックチェーンゲームが稼げなくなっている中、日で1万円は美味しいプロジェクトではないか?これはやるべきだ!と思いました。

始め方は、BNBトークンをPancakeSwapでMKPというトークンを手に入れます。そのMKPトークンをMetaKeeper内に送金すればゲームが開始できます。

ほぼほったらかしで、日給1万円なら悪くない金額ですよね。

関連記事:【盆栽NFTゲーム】木を育てて収入を得る「Spring Game」は放置でどれぐらい稼げる? 初期費用、始め方、遊び方も解説

暗号資産が大暴落!その後の収益はどうなったか?

トークンが暴落

私はMetaKeeperを行おうと、別のコインをBNBコインに換金していました。

しかし6月13日にビットコイン、イーサリアムをはじめとした暗号資産全体が下落相場となりました。当然MetaKeeperのトークンであるMKPもです。

MKPトークンは、6月19日現在で6.2円まで下落しました。現在の1日で稼げる額としては、4~5000円ほどになっています。1週間で半値ほどになっているのが現状です。

Keeper1体をガチャするのに500MKP必要ですので、15体揃えると、(1MKP=5円)×500×15=3万7500円。1日4000円稼げれば10日ほどで原資回収できそうです。

関連記事:放置で自動的に稼げる、ボンバーゲーム「MetaBomb」の始め方と稼ぎ方を解説

まとめ

MKPトークンが下落したからといって、MetaKeeperがオワコンになったわけではないです。現行価格なら、むしろ安値で参入できるので仕込んでおくことも1つの戦略です。

ただし、暗号資産はボラティリティが広いため、今回のような下落は常に意識すべきです。円またはドルへの交換も常に頭にいれて、ブロックチェーンゲームを楽しんでいきましょう!

関連記事:放置で稼げる「MetaKeeper(メタキーパー)」 ゲーム概要、必要な予算感とMKPを購入する5つのステップ