「CriptoNinjaPartners」の価値上昇が止まりません。

CriptoNinjaPartnersの新機能「バー忍」を発表した時期には最高で0.9ETHまであがりました。これからも新しい関連プロジェクトが出てくるので、期待値が高まります。

その中でも、7/1(金)に最初のセールが始まるCriptoNinjaのブロックチェーンゲームCriptoNinja Party!の情報をまとめました。CNPの波に乗りたい方はどうぞ!

  • 遊んで稼げるってどういうこと?
  • それって、あやしくない?


初心者
むけ

Play to Earnってなに?
始め方、損しない方法

リンク先:https://nftimes.jp/2022/08/play-to-earn/

CriptoNinja Party!とは?

CriptoNinja Party!ホワイトペーパーより引用

CriptoNinja Party!はCriptoNinjaの派生元のプロジェクトであるから派生したCriptoNinjaParteners(CNP)のブロックチェーンゲームです。

DiscordTwitter運営会社ホワイトペーパーなど1次情報はこちらの通りです。

CriptoNinja Party!は、CriptoNinjaの商用利用OKという性質を活かして、ハッシュパレットが立ち上げたブロックチェーンゲームです。NFTを購入して、稼ぐこともできます。

CriptoNinja Party!で使用するNFTは7/1が最初のセール開始日です。NFTセールの情報は、Discordの公式アナウンスがまとまっていて、分かりやすいです。

引用:CriptoNinja Party! Discord

価格は900PLTから10,000PLTです。6/21時点で1万5,570円から17万3,000円です。

購入するには、Discordで行われているホワイトリスト配布企画で当選するか、1stSALE抽選に選ばれるかのどちらかです。

引用:CriptoNinja Party! Discord

詳細は、Discordから最新情報を取得してください。Ninjya Dao Discord

CriptoNinja Party!は、ミニゲームが中心となる予定です。

CriptoNinja Party!ホワイトペーパーより引用

ミニゲームは、シングルプレイゲーム、協力プレイゲーム、対戦プレイゲームがあり、ゲームの醍醐味を網羅している設計です。

ミニゲームは、シングルプレイゲーム、協力プレイゲーム、対戦プレイゲームがあり、ゲームの醍醐味を網羅している設計です。

ホワイトペーパーに載っている画像からは、五目並べみたいなゲームや、手裏剣投げのようなゲームがあります。

ゲーム内容は任天堂で出しているマリオパーティのようなイメージがあります。

ただ、そこにブロックチェーン技術を組み合わせることにより、ゲーム内トークンを稼ぐことはもちろん、さらに凄い機能も入っております。

関連記事:【私も当選しました!】初心者向けのNFT「CNPR」はどのようなコレクションなのか? どうやったら買えるのか? 初心者目線でわかりやすく解説します

CriptoNinja Party!の凄いところ

CriptoNinja Party!ホワイトペーパーより引用

いままでのブロックチェーンゲームはPlay to Earnができるのが革新的でした。

一部のプロゲーマーだけが稼ぐことができるゲームの世界に、誰でも稼ぐことができるという変革がありました。

しかし、CriptoNinja Party!では、そのさらに先を行く『Create and Earn』の実装が予定されています。

『Create and Earn』は、制作したゲームのプレイ回数などによって、ゲーム内のトークンを取得できる仕組みです。

クリエイターが直接CriptoNinja Party!に貢献するという新しい仕組みが作られる予定です。

この『Create and Earn』が実装されると、CriptoNinja Party!のユーザーによる自律分散的な発展と成長が可能となります。まさにWEB3.0時代の革新的なゲームになりそうです。

ただ、注意しなければならないのが、ETHで購入するのではなく、ハッシュパレットが発行している独自トークンのPLTが必要になります

関連記事:初心者応援NFT「CNPR(CryptoNinja Partners Rookies)」とは? 「どんなプロジェクトなのか」、「どうやって、いくらで買えるか」などNFTに詳しくない人でもわかるよう優しく解説

ハッシュパレットの凄い3つのポイント

CriptoNinja Party!を運営しているハッシュパレットは、ELF Masters(エルフマスターズ)も運営しています。

ハッシュパレットでは、PLTのマーケットプレイスも運営しています。そのハッシュパレットの凄いところは3つあります。

①クロスチェーン対応

②クレジットカード決済可能

③ガス代が無料

PLTマーケットプレイス:https://pltplace.io/

この中でも、クレジットカード決済が凄いです。

今までは、仮想通貨取引所でETHを購入して、それを仮想通貨専用の財布に送金して、NFT販売所でNFTを購入するという流れで、NFTを購入するためには、いくつものハードルがありました。

それが、仮想通貨不要でNFTを購入できるようになります。今までの面倒だった手続きがなく購入できるので、参入者が増えてくることが予想されます。

おそらくですが、手数料は高くなると思います。

関連記事:CNPJに学ぶ! NFT初心者が「これから人気が出て価格が上がりそうなNFT」を探すには 常に最新の情報をつかむ4つのツール

まとめ

・CriptoNinja Party!は7/1にセール開始

・CriptoNinja Party!はCreate and Earnが実装予定

・運営元のハッシュパレットでは、NFTをクレジットカードで買うことができる